JEATH戦争博物館

The JEATH War Museum
この記事のタグ
photo

第二次世界大戦中、泰緬鉄道建設に携わった日本軍の捕虜収容所の様子を再現。「JEATH」はJ =Japan、E =England、A =Australia、T=Thailand、H=Hollandの頭文字を並べたもの。建物は当時と同じ竹で造られ、兵士たちが残したスケッチ、日本軍が使っていた銃や剣などが展示されています。

基本情報

名称 JEATH戦争博物館
名称(英) The JEATH War Museum
営業時間 8時半から18時まで
料金 30バーツ
住所 Ban Tai Muang Kanchanaburi, Kanchanaburi 71000
アクセス TATオフィスより徒歩10分、パークブレーク通り
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ

特集:とっておきのタイ情報

4泊6日のモデルコース紹介パタヤ&サメット島で楽しむラグジュアリーな旅〜前編〜
タイを代表するクリエイターにインタビュー vol.2世界が注目するタイブランド「DISAYA」デザイナー、ディサヤ氏
人気店のオーナーに聞く!タイの郷土料理 vol.3味付けがマイルドな「タイ北部料理」
ラグジュアリーなリゾートステイ、ビーチアクティビティ、内陸部の秘境巡りを存分に楽しむ写真好きな女子のためのモデルプラン~秘境リゾートクラビ+~

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す