JEATH戦争博物館

The JEATH War Museum
この記事のタグ
photo

第二次世界大戦中、泰緬鉄道建設に携わった日本軍の捕虜収容所の様子を再現。「JEATH」はJ =Japan、E =England、A =Australia、T=Thailand、H=Hollandの頭文字を並べたもの。建物は当時と同じ竹で造られ、兵士たちが残したスケッチ、日本軍が使っていた銃や剣などが展示されています。

基本情報

名称 JEATH戦争博物館
名称(英) The JEATH War Museum
営業時間 8時半から18時まで
料金 30バーツ
住所 Ban Tai Muang Kanchanaburi, Kanchanaburi 71000
アクセス TATオフィスより徒歩10分、パークブレーク通り
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ

特集:とっておきのタイ情報

祈願成就を願って巡ろうタイで訪れたい最強のパワースポット5選
水かけ祭りxダンス音楽フェス、ズブ濡れになりながら踊り狂いましょう!ソンクラーンの新たな楽しみ方!S2Oフェスティバル
タイを代表する祭り①水掛け祭りとしても知られるタイ旧正月のお祭り「ソンクラーン」
3泊4日のモデルコース紹介秘境リゾート・チャーン島で大自然を満喫する旅

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す