• 2022/01/19
    【東京】1/5(水)~5/22(日)半蔵門ミュージアムにて開催『アジアの聖地』井津建郎 プラチナ・プリント写真展
  • 2022/01/17
    【参加募集】1/22(土)開催 オンラインイベント「タイチャンネル第6弾~エスティーワールド」
  • 2022/01/17
    【大阪事務所】業務時間等変更のお知らせ
  • 2022/01/12
    【参加募集】1/26(水) 第27回オンライン「タイ旅」座談会|知ってめでタイ!タイの縁起物・パワースポット編
  • 2022/01/07
    【タイドラマ】『In Time With~君の隣に~』1/13(木) 24:00~LaLa TVにて日本初放送スタート
  • 2021/12/24
    【タイドラマ】『SOTUS S』1/6(木) 23:00~BS朝日にてBS初放送スタート

ワット・バーンオーン

Wat Ban Own
ワット・バーンオーン
  • ワット・バーンオーン
  • ワット・バーンオーン
  • ワット・バーンオーン
  • ワット・バーンオーン
  • ワット・バーンオーン
  • ワット・バーンオーン
  • ワット・バーンオーン
  • ワット・バーンオーン

南イサーンのシーサケート県にあるワット・バーンオーン(ワット・パーバーンオーンともいう)は、この寺院で一番偉い僧侶”プラクルー・プラティ―プ・パンヤ―ウット”(または“ルアンター・シット”)の存在で広く知られています。”プラクルー・プラティ―プ・パンヤ―ウット”は、質素な生活を送り、修行に信念のある高僧(タイ語で”プラ・アチャーン”)として、とても尊敬されています。現在60歳を超え、40年以上僧侶としての職位を授かっています。また、”ルアンプーペン・チャンタランシー”(Luang Pu Pheng Chantharangsi)に師事して以来、占星術の専門家としての一面も持ち、お守りや不思議な力を信じる人の間でよく知られています。

何年もの間、森で瞑想し禁欲の修行を経験しました。かつては、ラオスやカンボジアからやってきた”ルアンプー・ウェーンスチンノー”(Luangpu Waen Sucinno)、“ルアンプー・ファン”(Luangpu Fan)、”ルアンプー・チャー”(Luangpu Chah)、“ルアンプー・ペン”(Luangpu Pheng)や呪文の熟練者である“モータム”(Mor Tham)の指導を受けていました。毎日多くの参拝者がこの寺院を訪れて、南イサーンの名僧と言われる” ルアンター・シット”の説法を聞いたり、星占いをしてもらったり、聖水を浴びて幸運をお祈りします。

基本情報

名称 ワット・バーンオーン
名称(英) Wat Ban Own
営業時間 08:00~18:00
住所 Lathai, Kanthararom District, Si Sa Ket 33130
アクセス バンコクから国内線でウボンラーチャターニー空港まで約1時間、そこから陸路でシーサケートに移動。バンコクの北バスターミナル(モーチット・マイ)からシーサケートのバスターミナルまで約9時間半。列車は、フアランポーン駅からシーサケート駅まで約10時間。
電話 045-611-840
地図Googleマップで確認する
キーワード
ワット・バーンオーン ワットバーンオーン ワット・パーバーンオン ワットパーバーンオン パーバンオン バンオン Wat Ban Own วัดบ้านโอ้น

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画