ワット・バーンクン

Wat Bangkung
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

アユタヤ王朝末期には海軍基地、トンブリー王朝の1768年には、ビルマ軍との戦いで当時のタークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院。その後、長く無人化していたため、本堂は大きな菩提樹に覆われ、遠くからは姿を見ることができなかったそうです。数年前、アンパワーがブームになると同時に、ここワット・バーンクンの本堂もタイ国政府観光庁に、”Unseen Thailand”(まだ見ぬタイ)のひとつとして指定されました。本堂の中は、お釈迦様の一生を描く赤い壁画が微かながら残っています。境内に数百体あるムエタイの人形は、ビルマ軍と勇敢に戦ったアユタヤやトンブリー王朝の兵隊にちなんでつくられました。

基本情報

名称 ワット・バーンクン
名称(英) Wat Bangkung
料金 観光コースには必ず入っている寺院です。コースは一人当たり100バーツ前後。
住所 Amphawa, Samut Songkram
アクセス 船のチャーター、もしくはアンパワー水上マーケット周辺からの乗り合い船
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ