• 2022/05/26
    【クラウドファンディング】象と人が共存できる新たな観光の形をスリン県に!
  • 2022/05/25
    【オーガニックハーブブランド】「アバイブーベ・ジャパン」のご紹介
  • 2022/05/24
    【グルメ】『アジアのベストレストラン50』南部料理「ソーン」がアジア第2位の称号を獲得
  • 2022/05/24
    【マラソン】スーパースポーツ 「ラグーナ・プーケット国際マラソン」開催! プーケットまたは日本に居ながらでも参加可能
  • 2022/05/23
    【タオ島】6/7&8開催 「Spotlight Koh Tao@World Ocean Day 2022」
  • 2022/05/23
    【WEB】トラベル Watch「タイ国政府観光庁主催 視察ツアー」チェンマイ編

ワット・バーンクン

Wat Bangkung
ワット・バーンクン
  • ワット・バーンクン
  • ワット・バーンクン
  • ワット・バーンクン
  • ワット・バーンクン
  • ワット・バーンクン

アユタヤ王朝末期には海軍基地、トンブリー王朝の1768年にはビルマ軍との戦いで当時のタークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院。その後、長く無人化していたため、本堂は大きな菩提樹に覆われ、遠くからは姿を見ることができなかったといわれています。

バンコク近郊のアンパワーが観光地として注目を集めると同時に、ここワット・バーンクンの本堂もタイ国政府観光庁がおすすめするスポット、”Unseen Thailand”(まだ見ぬタイ)のひとつとして指定されました。本堂の中は、お釈迦様の一生を描く赤い壁画が微かながら残っています。境内に数百体あるムエタイの人形は、ビルマ軍と勇敢に戦ったアユタヤやトンブリー王朝の兵隊にちなんで作られました。

基本情報

名称 ワット・バーンクン
名称(英) Wat Bangkung
料金 観光コースには必ず入っている寺院です。
住所 Bang Kung, Bang Khonthi, Samut Songkhram
アクセス バンコクから車で約1時間半。アンパワー水上マーケット周辺からの乗り合い船でもアクセス可能。
地図Googleマップで確認する
キーワード
ワット・バーンクン ワットバーンクン ワットバンクン

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画