ワット・ボウォーンニウェート

Wat Bowonniwet
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

1826年に建立され、後のラーマ4世がおこしたタマユットニカーイ派の総本山。戒律を厳格に守ることで知られているが、そもそも「ボウォーン」とは、寺院を建立したラーマ3世の副王の役職を指す言葉で、王に即位する王子が出家修行する寺院です。実際、ラーマ5世から現国王のラーマ9世まで、歴代王もここで出家修行されました。現在は200名ほどが敷地内の宿舎で寝起きし、修行に励んでいます。本堂には、古代チェンセーン王朝から受け継がれた黄金の仏像が祀られるほか、正面にある「プラトゥー・シアウカーン」と呼ばれる門の彫刻や、歴代王が出家修行中のお住まいの宮殿などが見どころとなっています。カオサン通りのすぐ近くにあります。

基本情報

名称 ワット・ボウォーンニウェート
名称(英) Wat Bowonniwet
料金 無料
住所 248 Phra Sumen Rd, Bowonniwet, Phra Nakorn, Bangkok 10200
アクセス カオサン通り東詰めを北に向かって120mほど
電話 02-2281-5052
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ