ワット・クディ・ダーオ

Wat Gudi Dao
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

もともとは、マヘーヨン寺院とともにアユタヤ王朝前からあったと推測され、1715年にはターイサ王によって大規模な修復が行われました。2ヶ所ある境内への出入り口は道路に面していて、どちらも大きなアーチ型。これがアユタヤ後期に見られる建築の特徴だそうです。本堂は正面にあり、その西にはスリランカ様式の仏塔、北側には後にボロマコート王(1732~1758年)として即位するターイサ王の弟で、副王のボウーンサターンモンコンが建設工事を指示するのに使ったとされる「カマリエン宮殿」が残っています。アユタヤの中で最も保存状態が良い寺院としても知られます。

基本情報

名称 ワット・クディ・ダーオ
名称(英) Wat Gudi Dao
料金 無料
住所 Tambon Hantra, Amphur Pra Nakorn Sri Ayutthaya, Ayutthaya 13000
アクセス アクセス:中心地からトゥクトゥクで約15分

この記事のタグ