ワット・カムチャノー

Wat Khamchanot
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

「ワット・カムチャノー」は、タイ東北部(イサーン地方)のウドーンターニー県から北に80kmのところにある寺院です。湖の浮き島の森の中に位置し、湖岸から100mあまりの橋を渡って境内に入ります。尚、境内は土足厳禁。靴を脱いでから橋を渡ります。

「ワット・カムチャノー」のある森にはイサーンの人々が信仰する精霊が暮らしているとされ、寺院のそばにある池は7つの頭を持つナーガ(蛇の精霊、蛇神)が暮らす水底に繋がっていると信じられています。タイの人々からは神聖な場所として古くから崇められ、今ではタイ有数のパワースポットとして知られるようになってきました。

敷地内にある鐘を鳴らす(摩擦する?)ことで幸運がもたらされるとされ、参拝客はランダムに設置された鐘を鳴らします。

神話がもとになったスピリチュアルでミステリアスなパワースポットです。

基本情報

名称 ワット・カムチャノー
名称(英) Wat Khamchanot
住所 Ban Muang, Ban Dung District, ウドーンターニー 41190 タイ
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ