• 2022/07/01
    【大阪事務所】業務時間等変更のお知らせ
  • 2022/07/01
    【特集記事】タイの食文化について 〜中央部編〜
  • 2022/07/01
    【テレビ】7月3日放送サンバリュ『霜降り風磨のワクワクメディア』
  • 2022/06/30
    【特集記事】タイの食文化について 〜南部編〜
  • 2022/06/30
    【インタビュー】お祭り系アイドルFES☆TIVE
  • 2022/06/29
    【映画】『プアン/友だちと呼ばせて』8/5より全国順次ロードショー 

ワット・マハタート・ウォラウィハーン

Wat Maha That Worawiharn
ワット・マハタート・ウォラウィハーン

寺院内にそびえる高さ55mのクメール様式の白い仏塔は、ペッチャブリー県のランドマーク。本堂には、大きな3体の仏陀座像が並ぶほか、たくさんの小さな仏像が鎮座しています。壁面を彩るアユタヤ王朝期のきらびやかな宗教画は必見。屋根に施された神鳥・ガルーダなどの彫刻はヒンズー様式の影響を受けています。

基本情報

名称 ワット・マハタート・ウォラウィハーン
名称(英) Wat Maha That Worawiharn
営業時間 9:00~ 17:00(無休)
料金 無料。参拝料(任意)を寺院内に設置された寄付箱へ
住所 3/1 Thanon Pho Karong, Khlong Kra Saeng, Mueang Phetchaburi District, Phetchaburi
アクセス ホアヒンから車で約1時間半、66km エアコンバス30B チャアムから車で約30分、35km エアコンバス30B
電話 +66 99 078 9818
地図Googleマップで確認する
キーワード
ワットマハタートウォラウィハーン Wat Mahathat Worawihan วัดมหาธาตุวรวิหาร ワット・マハタート・ウォラウィハーン ワットマハタート ウォラウィハーン Wat Maha That Worawiharn

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画