ワット・ムアン

Wat Muang
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

アユタヤに隣接するアーントーン県の水田地帯にそびえ立つ、幅62・高さ93メートルの黄金の巨大仏像が目印の寺院。もともとアユタヤ王朝には、現在の場所に寺院があったようですが、ビルマ軍の侵攻で破壊され跡形がなくなってしまいました。1986年、後に初代住職となるルアンポー・カセームが修行のためここを訪れその静粛さが気に入ったとして、寺院を建立しました。16年間をかけてつくられた黄金の巨大仏像とともに、お釈迦様の一生を描いた壁画のある大きな本堂、そして地獄を描いたレプリカなどが有名です。

基本情報

名称 ワット・ムアン
名称(英) Wat Muang
住所 Moo 6 Ban Hua Tapan, Wisetchaichan, Ang Thong
アクセス アントーン市街から西へ約8キロメートル
電話 035-631-556, 035-631-974

関連記事

関連記事はありません

この記事のタグ