ムアン・カオ・サーン・タム寺院

Wat Mueang Kao Saen Tum
この記事のタグ
photo

トラートは大昔に火山活動があったと考えられる痕跡が見られる地域です。玄武岩が何層にも重なりあった場所がこの地域に点在しており、溶岩の大きな温度差による強い張力で、柱状に押しつぶされ出来上がった現象とされています。これはタイ国内では1〜2例あるだけで、驚異の石群を間近で見られる貴重なスポットとなっています。

基本情報

名称 ムアン・カオ・サーン・タム寺院
名称(英) Wat Mueang Kao Saen Tum
住所 Pranit, Khao Saming District, Trat 23150
アクセス カオ・サミング市内からチャーター車で約45分
地図Googleマップで確認する

キーワード

ムアンカオサーンタム寺院 ワットムアンカオサーンタム ワットムアンカオサンタム

特集:とっておきのタイ情報

タイにある教会やモスク、中国寺院を巡って異文化体験をしようタイの多様性を感じるお寺巡り旅
バンコクからアクセスしやすいビーチリゾートビーチへ行こう!前編 〜バンコクから簡単に行けるビーチ〜
今年の様子と魅力をお届け!水かけEDMフェス「WATERZONIC」レポート
新市街の注目スポットから、象と触れ合える山岳地帯まで欲張りに遊び尽くす旅上手な女子のための3泊5日のモデルプラン〜チェンマイ編〜

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す