ワット・ムーン・グン・コーン

Wat Mueng Nguen Kong
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

有名なワット・プラシンから徒歩数分のところに建つムーングンコーン寺院。旧市街地にあっては珍しく、高級官僚のムーングンコーン氏によってグーナー王(1339~1373年)時代に建立されたとされています(旧市街地の寺院の多くは王室関係者によるもの)。言い伝えによると、ムーングンコーン氏はもともと一般庶民であり、商売に成功して大金を手に入れた後、メンラーイ王家の財務を預かる「クン・クラン」という高官に昇進。その後、仏教の伝来に役立てたいとして、自宅のあった土地を寄贈し、この寺院を建立したとか。木造の本堂はランナー王朝を代表する建築のひとつとされ、1989年に修復されています。本堂の横には涅槃像が横たわっていて、その近くには四角い黄金色の仏塔が聳えています。

基本情報

名称 ワット・ムーン・グン・コーン
名称(英) Wat Mueng Nguen Kong
営業時間 8時から17時
料金 無料
住所 30 Samlan Rd, Tambon Prasing, Amphur Muang Chiang Mai 50200
アクセス 市内からソンテウで数分
地図Googleマップで確認する

キーワード

ワットムーングンコーン