ワット・パープッターラーム

Wat Pa Phuttharam
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ワット・パープッターラームは、バンコクから約100km、「タイ12の秘宝」のひとつでもあるラーチャブリー県にある寺院。洞窟の中にある大きな花崗岩に刻まれた珍しい仏像があり、タイのラチャブリー県とスリランカの2ヶ所だけに存在するといわれています。仏像は、仏教の信念によるとその高さ3mと9cmが天国、地上、地獄の3つの世界に関連する神聖な数とされており、この寺院に参拝すると3つの世界に近付くことができると考えられています。

開運祈願や幸運招福の場合は、プラプッタマハカンタラット(Phra Phuttha Maha Khantharat)、または、プラナンムアンケオ(Phra Nang Mueang Kaew)とよばれる参拝をします。より一層の幸運を望む場合は、仏像の膝の下を通過するとよいとされています。最初は普段通りに参拝し、その後徐々に膝の下を通り、時計回りに3回歩くと功徳をもたらし、希望や願いが叶うと信じられています。

基本情報

名称 ワット・パープッターラーム
名称(英) Wat Pa Phuttharam
営業時間 08:00~16:00
住所 Tambon Nang Kaeo, Amphoe Photharam, Ratchaburi
アクセス バンコクから車で約2時間、バンコク・フアランポーン駅からポーターラーム駅まで鉄道を利用することも可能
電話 081-814-9278
備考 別名: タム・サティ(Tham Sati)
地図Googleマップで確認する

キーワード

ワット・パープッターラーム ワットパープッターラーム ワットパープッタラム ワットパープッターラム プッターラーム プッターラム プッタラム タムサティ タム・サティ