ワット・パナンチューン

Wat Phu Khao Thong
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail

アユタヤが首都となる26年前、1324年に建てられました。幾度となく繰り返されたビルマ軍の破壊から奇跡的に残った寺院でもあり、縁起がよい寺として、今も多くの人々の厚い信仰を集めています。本尊である高さ19mの黄金仏の座像を安置している中国風の装飾で飾られた堂内に、タイ様式のほかの寺院とはまた違った魅力を感じることでしょう。

基本情報

名称 ワット・パナンチューン
名称(英) Wat Phu Khao Thong
営業時間 8:00〜17:00/無休
料金 20B
住所 Phra Nakhon Si Ayutthaya

この記事のタグ