ワット・プラ・シン

Wat Phra Sing
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ランナー王朝第5代パーユー王(1336~1355年)によって建立されたチェンマイ市内で最も大きい寺院。当時は、ワット・リーチェンプラと呼ばれていましたが、後に第7代王のセーンムアンマーがチェンライからプラ・シン仏像を迎え入れてからは、ワット・プラ・シンとして地元の人々の間で親しまれるようになりました。

幅31インチ、高さ51インチのこの仏像は、現在奥にある「ウィハーン・ラーイカム」というこじんまりとした礼拝堂内に祀られています。また、毎年4月13日~15日のソンクラーン(水掛け祭り)の際には、大勢の市民に参拝してもらえるようにと台に乗せられて市内を巡回します。有名な仏像のほかにも、お堂の壁には色とりどりの壁画が施され、この寺院の見どころのひとつとなっています。また、地元の人々の間では、辰年の人にご利益がある寺院としても知られています。

基本情報

名称 ワット・プラ・シン
名称(英) Wat Phra Sing
料金 参拝無料
住所 Samlan Rd, Tambon Prasing, Amphur Muang Chiang Mai 50200
アクセス チェンマイ中心部からソンテウで10~15分
地図Googleマップで確認する

キーワード

ワットプラシン ワット・プラシン