ワット ・ラチャブラナ(バンコク)

Wat Ratchaburana Ratchaworawiharn
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ラタナコーシン王朝以前からあった寺院「ワット・リアップ」がラーマ1世統治時代の1793年に改装され、ワット・ラチャブラナ(正式にはワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン)として王室寺院に認定されました。

ラーマ2世の統治時代には本堂が建てられ、内部にはラーマ1世が各地から集めた162体の仏像が納められました。その後、ラーマ3世の統治時代には大きな仏塔が建てられ、ラーマ4世の統治時代には大掛かりな改修工事が行われました。

第二次世界大戦では大きな被害を受けましたが、1960年代に現在の姿に修復されました。日本人納骨堂があることでも有名な寺院です。

基本情報

名称 ワット ・ラチャブラナ
名称(英) Wat Ratchaburana Ratchaworawiharn
URL https://www.facebook.com/Watliab/
住所 119 Chakkraphet Rd, Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon, Bangkok
アクセス MRTサナームチャイ駅から徒歩で約8分
電話 02-221-9544
地図Googleマップで確認する

キーワード

ワット ・ラーチャブラナ、ワット・ラーチャブーラナ、ラチャブラナ寺院、ラーチャブラナ寺院、ワット・リアップ、ワット・リアプ