ワット・サームプラヤー

Wat Sam Phraya
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

バンコク王朝初期に「バンクンプロム寺」の名で、モーン族出身の官僚・トゥルットが病で殉職した弟・サート(クン・プロムという役職名)を記念して建立した寺院。その後、「プラヤー」という高級官僚の役職に就任した一族の3人の孫らが修復したことを受けて、1823年にラーマ3世王がその3人の「プラヤー」を記念して現在の名称に。僧侶の学校を兼ねた宿舎もあり、一歩足を踏み入れると周りの雑踏が嘘のような静かな寺院です。本堂と礼拝堂では、毎日2回8時半と18時にお経があげられ、その時には一般人の入場も可能です。

基本情報

名称 ワット・サームプラヤー
名称(英) Wat Sam Phraya
料金 拝観無料
住所 Samsen Road Soi 5, Phra Nakorn, Bankok 10200
アクセス 中央銀行からトゥクトゥクで約5分

この記事のタグ

特集:とっておきのタイ情報

タイを代表する祭り③タイで最も美しい祭り「ロイクラトン祭り」を巡る
タイの世界遺産を巡る旅アユタヤ遺跡群&スコータイ遺跡群へ ロマン溢れる旅に出よう
知って得する!タイ土産とっておき情報 vol.2タイのスーパーマーケットでお土産探し
タイを代表する祭り③イサーン地方のアーティスティックなお祭り「キャンドル・フェスティバル」

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチで遊ぶ

    ビーチで遊ぶ

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す