• 2022/07/01
    【大阪事務所】業務時間等変更のお知らせ
  • 2022/07/01
    【特集記事】タイの食文化について 〜中央部編〜
  • 2022/07/01
    【テレビ】7月3日放送サンバリュ『霜降り風磨のワクワクメディア』
  • 2022/06/30
    【特集記事】タイの食文化について 〜南部編〜
  • 2022/06/30
    【インタビュー】お祭り系アイドルFES☆TIVE
  • 2022/06/29
    【映画】『プアン/友だちと呼ばせて』8/5より全国順次ロードショー 

ワット・サームプラヤー

Wat Sam Phraya
ワット・サームプラヤー
  • ワット・サームプラヤー
  • ワット・サームプラヤー
  • ワット・サームプラヤー
  • ワット・サームプラヤー
  • ワット・サームプラヤー

バンコク王朝初期に「バンクンプロム寺」の名で、モーン族出身の官僚・トゥルットが病で殉職した弟・サート(クン・プロムという役職名)を記念して建立した寺院。その後、「プラヤー」という高級官僚の役職に就任した一族の3人の孫らが修復したことを受けて、1823年にラーマ3世王がその3人の「プラヤー」を記念して現在の名称に。僧侶の学校を兼ねた宿舎もあり、一歩足を踏み入れると周りの雑踏が嘘のような静かな寺院です。本堂と礼拝堂では、毎日2回8時半と18時にお経があげられ、その時には一般人の入場も可能です。

基本情報

名称 ワット・サームプラヤー
名称(英) Wat Sam Phraya
料金 拝観無料
住所 Samsen Road Soi 5, Phra Nakorn, Bankok 10200
アクセス Rama 8 Bridge船着場より徒歩5分
地図Googleマップで確認する
キーワード

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画