• 2022/05/26
    【クラウドファンディング】象と人が共存できる新たな観光の形をスリン県に!
  • 2022/05/25
    【オーガニックハーブブランド】「アバイブーベ・ジャパン」のご紹介
  • 2022/05/24
    【グルメ】『アジアのベストレストラン50』南部料理「ソーン」がアジア第2位の称号を獲得
  • 2022/05/24
    【マラソン】スーパースポーツ 「ラグーナ・プーケット国際マラソン」開催! プーケットまたは日本に居ながらでも参加可能
  • 2022/05/23
    【タオ島】6/7&8開催 「Spotlight Koh Tao@World Ocean Day 2022」
  • 2022/05/23
    【WEB】トラベル Watch「タイ国政府観光庁主催 視察ツアー」チェンマイ編

ワット・シースパン

Wat Sri Suphan
ワット・シースパン
  • ワット・シースパン
  • ワット・シースパン
  • ワット・シースパン
  • ワット・シースパン
  • ワット・シースパン
  • ワット・シースパン
  • ワット・シースパン
  • ワット・シースパン
  • ワット・シースパン
  • ワット・シースパン

「ワット・シースパン」は世界で最初に銀で造られた、別名「銀の寺」と呼ばれるユニークな寺院。本堂が現在の銀一色に様変わりしたのは、2000年代に入ってからといわれています。この寺院のみ、本堂はタイ北部ランナー地方の人々の信念によって、女性が立ち入ることが禁じられています。

1500年(紀元前2043年)、マンラーイ王朝ムアン・ゲーオ王の時代に、プラ・プッタパティハーン仏像を奉納するために建てられました。建築はランナー様式の石組みで、繊細な彫刻の上にアルミと銀の装飾が施されています。この立体アートは、仏教や仏法、寺院の歴史などを表現しており、宗教の保護やこの地域の知恵である銀器の保存だけでなく、ランナー王国の誇りを後世に伝えることを目的としています。

寺院のあるチェンマイの銀細工の村、ウアライ・コミュニティーには銀細工の工房が多く、村人が本堂を銀で改修したことで現在の姿に。タイでも銀色の寺院は珍しく、多くの観光客が訪れます。

基本情報

名称 ワット・シースパン
名称(英) Wat Sri Suphan
住所 Wua Lai Rd, Tambon Hai Ya, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50100
アクセス チェンマイ旧市街のチェンマイ門からソンテウなどで約5分
電話 053-274-705
地図Googleマップで確認する
キーワード
ワットシースパン ワットシスパン 銀の寺

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画