ワット・スタット

Wat Suthat
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

バンコクで最も大きい寺院のひとつ。ラーマ1世(1782~1809年)の命によってスコータイから運ばれてきた高さ8メートルの仏像プラ・シーサカヤムニーを祀るために、1807年に建設着工されましたが、実際の完成はラーマ3世(1824~1851年)時代の1847年。本尊のプラ・シーサカヤムニーを祀る本堂には、美しい彫刻の門が6つあり、本堂の美しい壁とともに見どころのひとつとされています。また、サオ・チンチャーに面した側には、王族らがバラモン僧らによって毎年執り行われる収穫祭を観覧できるパビリオンが4つあることからも、バンコク王朝初期まで、旧市街地のなかでもこのあたりがもっとも賑やかだったともいわれています。

基本情報

名称 ワット・スタット
名称(英) Wat Suthat
URL http://www.watsuthat.thai2learn.com/
営業時間 拝観時間 8:30~16:00
料金 拝観料 20バーツ
住所 146 Bamrungmuang Rd, Phra Nakorn, Bangkok 10200
アクセス 冷房バスのP.O 8 ,12 普通バスの10,12,19,35,42番 / MRTフアランポーン駅よりタクシーで約4キロ