ワット・タープラ

Wat Tha Phra
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

チャオプラヤー川西岸のバンコクヤイ地区にある、アユタヤ後期に建てられたとされる寺院です。

チャオプラヤー川、バンコクヤイ運河、モーン運河に囲まれた中州のような土地であったため、ワット・コ(島の寺)と呼ばれていました。

バンコクヤイ運河から枝分かれした小川が寺院の前を流れ、東側に位置するワット・サンクラチャーイやワット・プラップの辺りまで流れていましたが、ある日、仏像が寺院の前に流れ着いたことから、地元の人々はワット・タープラ(仏の港の寺)と呼ぶようになりました。

大きな本堂の外壁は漆喰を塗って彩色し、装飾が施されています。本堂の内部は仏陀の生涯を描いた美しい壁画で装飾されています。仏像が納められている現在のウィハーン(仏堂)は、保存の目的で元のアユタヤスタイルの柱のない煉瓦造りのウィハーンを覆うようにして建てられました。

基本情報

名称 ワット・タープラ
名称(英) Wat Tha Phra
URL https://bit.ly/3alrKIH
住所 20/1 Soi Charan Sanitwong 4, Wat Tha Phra, Bangkok Yai, Bangkok
電話 02-467-4719 , 02-467-3522
地図Googleマップで確認する

キーワード

ワット・ター・プラ、ワットタープラ、タープラ寺院