ワット・ワン・ウィウェーカラーム

Wat Wang Wiwekaram
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

タイ人をはじめ、モーン族、カレン族、ビルマ人から尊敬されているモーン族の僧侶ウッタマ師によって建立されたサンクラプリーで最も重要で広大な寺院。カーオ・レーム・ダムの建設によって湖底に沈んだ寺院の代償として、湖を見下ろすサンクラブリーの丘に建てられました。パゴダはインドのブッダガヤー風の造りで、本堂には大きな大理石の仏像が安置されています。ミャンマー国内の民族紛争が激しかった頃には、ミャンマーから逃れてきたモーン族の避難所となっていました。323号線から寺院に向かう途中には、カーオ・レーム・ダムに架かるタイで最も長い木造橋があり、そのふもとにはモーン族の集落があります。

基本情報

名称 ワット・ワン・ウィウェーカラーム
名称(英) Wat Wang Wiwekaram
住所 ARD. KBR. 3024, Nong Lu, Sangkhla Buri, Kanchanaburi 71240
アクセス サンクラブリ市内から約6km
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ

特集:とっておきのタイ情報

4泊6日のモデルコース紹介バンコク&ホアヒンで楽しむ“ジェニックな旅”〜前編〜
旅の計画に役立つ!5分でわかる、はじめてのバンコク旅行
スムーズにバンコクを旅しよう!バンコクの公共交通機関の利用方法とおすすめルート
4泊6日のモデルコース紹介パタヤ&サメット島で楽しむラグジュアリーな旅〜後編〜

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す

3