ワット・ヤイインタラーム

Wat Yai Intharam
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

アユタヤ時代に建てられたワット・ヤイインタラームは、特徴のあるアユタヤ様式の建築が見どころです。

タイ語で”ウボソット”(布薩堂)とウィハーン(本堂)は独特の湾曲した土台になっていて、同じくタイ語で”モンドップ”という多層屋根のパビリオンには彫刻が施された木製の扉があり、仏陀の聖なる足跡の上に建てらています。ウボソットは、ラーマ3世の治世中にガラス製品を使用して破風と窓を装飾して改装しました。ウボソットの中には壁全体を覆う4つの壁画があり、何年にもわたって継続的に修復されています。

また、寺院の前にはタークシン大王の像が建っており、1767年にアユタヤが陥落した際、国王がチャンタブリーに拠点を置く途中、ここに立ち寄ったといわれています。

基本情報

名称 ワット・ヤイインタラーム
名称(英) Wat Yai Intharam
住所 Thanon Jetjamnong, Bang Pla Soi, Chon Buri District, Chon Buri 20000
アクセス バンコク市内のエカマイバスターミナルからチョンブリーまでバスで約1時間半
地図Googleマップで確認する

キーワード

ワットヤイインタラーム ワットヤイインタラム ワットヤイ Wat Yai Intharam

特集:とっておきのタイ情報

久しぶりの旅は、心やすらぐ国タイからはじめようタイを旅して、心を満たそう「マインドフルネス・タイランド」
行ってみたいタイの「地元市場」や「マッサージ&スパ」をTwitterでつぶやくだけ【キャンペーン】6/30まで「タイの夢の旅」マムアンちゃん動画キャンペーン第2弾
タイのフルーツ Vol.1日本でも食べられるタイのフルーツ9種
祈願成就を願って巡ろうタイで訪れたい最強のパワースポット5選

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す