ワット・タプシラー

Wat Thapsila
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ワット・タプシラー(Wat Thapsila)はカンチャナブリーにある寺院で、プラ・タット・イン・クワーン(Phra That In Kwaen/ゴールデン・ロック・パゴダ)や戌年のプラ・タット(Phra That)のレプリカなど、いくつかの神聖なものがあります。

この寺院のハイライトは、しゃがむ象の形をした化石群で、象の化石の半分は地面に埋められていました。村人たちは「テップ・チャーン・タプシラー」と呼び、これはナレスアン王の戦象の魂を見たこの地域で一番偉い僧侶の予知に基づいて名付けられました。この戦象は、ホンサワディの戦いの時に死に、仏教を維持するために石となり住み続けていると信じられていています。参拝者は、先ず線香に火をつけて祈り、続いて象が好きなバナナ、サトウキビ、パイナップルなどの果物をお供えします。そして、9つのテプチャン石を手で触ると、縁起が良くすべての願いが叶うと言われています。

また、山頂の涼しい風が吹き抜けるところには、タイ北部ランプーン県にあるプラ・タット・イン・クウェー(Phra That In Kwae)のレプリカも祀られています。ここでは、参拝者は太陽のパワーを受け取り、それを外に向かって送り出すための別の場所であると考えられている360℃のパノラマビュー眺めることができます。それが、参拝することと同じ意味を持ちます。

基本情報

名称 ワット・タプシラー
名称(英) Wat Thapsila
営業時間 08:00~17:00
住所 Tambon Chong Sadao, Amphoe Mueang Kanchanaburi, Kanchanaburi
電話 082-252-4421
地図Googleマップで確認する

キーワード

ワットタプシラ、ワットタプシーラ、タプシラ寺院