ロイクラトン祭り

Loi Krathong
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

タイのロイクラトン祭りは水の祭典とも呼ばれています。「ロイクラトン」とは、灯籠(クラトン)を川に流す(ロイ)というタイの人々の間で古くから続いていた風習です。河川の水位がもっとも高く、旧暦12月(現在の10月または11月)の満月の夜に人々が川岸に集まり、川の女神“プラ・メー・コンカー”へ感謝の気持ちを捧げます。地方により形式が異なりますが、バナナの幹や葉などで模った灯籠の上にロウソクと線香を立て、川に流したのが始まりです。

ロイクラトン祭りはまた神への信仰やその土地の風習、人と川の深い関わりを表しています。また、ロイクラトン祭りでは、花火を打ち上げるところも多く、家族やカップル、友人と一緒に楽しめるお祭りです。

バンコク

チャオプラヤー川沿いだけでなく、街全体がロイクラトン祭り一色になります。バンコク市内では公園の池や、市内をめぐる水路などでクラトンを流す光景を目にすることができます。また、市内のいくつかのホテルやデパートなどでもロイクラトン祭りにちなんだ催しやクラトン流しを体験できるスペシャル・イベントなども行っているところがあり、一般の方もご参加いただけます。

チェンマイ

チェンマイのロイクラトン祭りは「イーペン」と呼ばれ、ピン川を流れるクラトン(灯篭)が水上に浮かんだ天の川のように幻想的で美しいお祭りとして有名です。また、お祭りのメインは美しい山車(フロート)のパレードで、美しく飾られたクラトンを模したフロートが街を優雅にゆく様は、チェンマイでしか見ることのできない光景です。

スコータイ

ロイクラトンの発祥の地であるスコータイは、美しい遺跡の数々が保存された歴史公園を舞台に例年開催される、ひときわ規模の大きいロイクラトンで有名。早朝 の厳かな托鉢の儀式から、クラトンのパレードやコンテスト、古き良き時代の庶民の暮らしを再現した展示やパフォーマンスなどさまざまなイベントが 行われており、とくに日が暮れてからのスコータイ王朝の歴史にまつわる壮大な光と音のミュージカル・ショーは必見です。

ターク

ターク県では、ココナッツの殻で作った灯籠が有名で、ロウソクに火を灯したターク県独特のクラトン(灯篭)・サーイを満月を映す水面に流します。ピン川は、約1,000個ものクラトン・サーイで幻想的な雰囲気を醸し出し、美しいお祭りの夜となります。他にもピン川でのパレードやクラトン・サートのコンペティションなど催しが開催され、地元の人々や観光客で賑わいます。

サムットソンクラーム

運河の街アンパワーでは、長く途絶えていたロイクラトン・カーブグルアイ祭りが復活して人気を集めています。クラトン・カーブグルアイとは、あらかじめ油に染み込ませた線香と花を、幅7~8センチ、長さ20~25センチの薄いバナナの幹に載せた、この地域に代々伝わる環境に配慮をした灯篭のこと。当日の夜は、数万個のクラトン・カーブグルアイにともされた灯火が水面を漂う幻想的な光景を目にすることができます。




各地方のロイクラトン祭りを検索
各地のロイクラトン祭りを探そう
詳細を見る