タイを代表する祭り③

タイで最も美しい祭り「ロイクラトン祭り」を巡る

photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

タイの祭りの中でも、最も美しい祭りのひとつとして知られているのが「ロイクラトン祭り」です。毎年11月にタイ全土で開催され、そのフォトジェニックで幻想的な光景は、インターネットのSNSでも話題となり、毎年世界中からたくさんの人々が訪れます。2017年は、11月2日(木)〜11月4日(土)に開催予定。(地域によってはこの通りとは限りません。)

ロイクラトン祭りとは 

「ロイクラトン」は、灯籠(クラトン)を川に流す、タイの人々の間で古くから続いている風習で、神への信仰や人と川の深い関わりを現し、「水の祭典」とも呼ばれています。旧暦12月(現在の10月または11月)の満月の夜、川の女神 “プラ・メー・コンカー”へ感謝の気持ちを捧げ、自らを清める意味があります。


祭りの日は、タイ全土でさまざまな催しが開かれ、バンコク、チェンマイ、スコータイなどで開かれるイベントが有名です。地域によって少しずつ祭りの形式が異なりますが、13世紀のスコータイ王朝の王妃がバナナの葉でハスの花をかたどったクラトンをつくり、満月を映した川に流したことがそのはじまりとされています。現在では、場所によっては花火を打ち上げるところもあり、地域に根差した風習としてそれぞれに雰囲気の違うロイクラトン祭りを楽しむことができます。


美しい満月の夜を彩る、川面に浮かぶ灯篭の明かり。川の周辺では賑やかなナイトマーケットが開かれフードやお土産店、雑貨店などの屋台が並び、お祭りムードを盛り上げます。一年に一度だけのタイの美しい夜の思い出づくりに、家族やカップル、友人と一緒に参加できるおすすめの祭りです。

地域によって異なるロイクラトン祭り

タイ全土で開催されるロイクラトン祭り。地域ごとにオリジナリティあふれる催しが行われるので、それぞれの特徴を事前にチェックしてみましょう。

バンコク

首都バンコク市内で開かれるロイクラトン祭りはエキサイティングで華やかなムードに満ちています。市内の主要な観光スポットもライトアップされ、伝統装束をまとった人々のパレードや民族音楽の演奏、エキシビションなどが華やかに開かれ、夜の街は大勢の人で活気にあふれます。

フェスティバルの主な会場、チャオプラヤー川沿いではロイクラトンに合わせて、大規模なイベントも開催されます。またショッピングモールやインターナショナルホテルが立ち並ぶ商業の中心地スクンビット通りのベンチャシリ公園や、大きな池を擁する美しいベンチャキティ公園などでも灯篭流しの光景が見られます。そのほか、市内の各ホテルでは祭りにちなんだ催しを用意しているところもあります。

チェンマイ

北方のバラと呼ばれるタイ第二の都市チェンマイは、ランナー王朝と文化の面影を留める寺院が数多く残る美しい古都です。チェンマイのロイクラトン祭りは「イーペン」と呼ばれ、街を流れるピン川の長閑な景色の中で行われ、バンコクとはまたひと味違う風情を感じさせます。

祭りのハイライトとなるのは、満月の前日に行われる、美しく飾り立てられたランタン山車(フロート)のパレード。イーペン祭り当日は、ミニクラトン山車のパレードがあり、さらに翌日には巨大クラトン山車のパレードと、3日に渡って華麗なるパレードが繰り広げられるのも、他にはない見どころです。

スコータイ

タイ族最初の王朝といわれるスコータイ王朝の都であったスコータイは、世界遺産の遺跡群が点在するタイ屈指の観光地で、ロイクラトン祭り発祥の地と言われています。世界遺産の街だけあって、大遺跡群を舞台に例年開催される大規模なロイクラトン祭りは荘厳です。早朝の厳かな托鉢の儀式から、クラトンのパレードやコンテスト、古き良き時代の庶民の暮らしを再現した展示やパフォーマンスなどさまざまなイベントが展開されます。

スコータイのロイクラトン祭りのハイライトは、世界遺産のスコータイ歴史公園内にあるワット・マハタート寺院で日没後に繰り広げられる光と音のショーです。タイ伝統の物語をテーマに、数頭の象も出演するスペクタクルなショーは、タイの壮大なロマンの歴史と文化を体感できる絶好の機会。入場券を購入して観覧できます。

ターク

タイ北部の県タークの町はピン川沿いにあり、広大な面積を誇るタークシン大王国立公園やラーンサーン国立公園といった豊かな自然に恵まれています。タイで最も大きな木と言われている樹齢700年の「クラバークヤイ」やプーミポンダムというタイ初、アジアで最大の巨大なダムなども有名な観光スポットです。

タークで開かれる「ロイクラトン・サーイ・フェスティバル」は、ココナッツの殻で作った灯籠が特徴的です。ロウソクに火を灯した独特なクラトン・サーイを全て紐で結び合わせ、一斉にピン川に流す光景は幻想的な美しさです。他にもピン川でのパレードやエンターテインメントショー、クラトン・サーイのコンペティションなどが開催され、地元の人々や観光客で賑わいます。伝統的なタイの雰囲気が残る町で楽しむロイクラトンもまた一興です。

サムットソンクラーム

バンコクから南西へ約72キロメートルのところにある、国内77県で最も小さいサムットソンクラーム県にあるアンパワー。タイ湾に面したメークローン川の河口があることから、古くから水運の要所として栄え、水上マーケットなどの観光スポットが有名です。

「サムットソンクラーム・ロイクラトン・サーイ(アンパワー)」では、環境に配慮したカーブクルアイというアンパワー伝統のバナナの幹を使ったクラトンを使い、その上にロウソクを立てて火を灯し、一斉にメークローン川に流します。何万個ものクラトンが天の川のようにみえて幻想的な雰囲気を醸し出します。

川の対岸から盛大に打ち上げられる花火も見ものです。また、ホタル観賞がこの街の名物でもあり、運が良ければランプーの木にとまる蛍のイルミネーションを見ることができます。タイの伝統的な水辺の暮らしが続くアンパワーのロイクラトン祭りは、都会とは異なるノスタルジックな趣を楽しめるでしょう。

ロイクラトンをもっと楽しむなら

■ クラトンを作ってみよう

ロイクラトン祭りが近づくにつれて、手づくりのクラトンが販売されるようになります。お店で好みのものを選ぶ楽しみもありますが、クラトンはバナナの皮とお花で手軽に作ることができるので、自作したクラトンに願いごとを乗せて川に流してみるのもおすすめです。会場の近くではワークショップが開かれるところがたくさんありますので、気軽にトライすることができます。


土台にバナナの葉を取り付け、その上に生け花のようにしてお花を飾りつけていきます。各々が思いを込めて作った作品は、華やかでなかなかの力作ぞろいです。売り物のロイクラトンの中から好みのものを選んでも、より本格的で立派なものが手に入ります。

■ ロイクラトン祭りに参加しながら地方都市を楽しむ

ロイクラトン祭りと一緒に、タイの地方都市の魅力を巡る旅もおすすめです。それぞれの地方都市の観光スポットを参考にしてください。

スコータイいわずと知れた世界遺産の街スコータイは、タイ北部の南端に位置する古都。ヨム川のほとりのシーサッチャナーライとピン川のほとりのカンペーンペットの3都市には、タイ初の王朝、スコータイ王朝の面影を残す寺院遺跡が点在し、歴史公園として整備されています。各遺跡をレンタサイクルで回ることもでき、夜間にはライトアップされた遺跡群が幻想的な美しい姿で浮かび上がります。

ターク素朴で静かな“古き良きタイ”の町並みが残っている北部の県タークは、スコータイ王朝以前からモーン族が住んでいたという長い歴史があります。中央平原と北部高原にまたがり、西側でミャンマーと国境を接しています。県面積の7割近くが森林の山岳地帯のため、トレッキングなどで山岳民族の集落を訪ねることができます。市内から数十キロの場所には、タークシン大王国立公園やラーンサーン国立公園といった自然豊かな森林公園があり、エコツアーなども盛んです。タイの自然に憩う旅には絶好のエリアです。

サムットソンクラーム日本映画「七夜待」のロケ地になったことでも話題を呼んだサムットソンクラームは、バンコクから車で約1時間半。ライチやザボン、ココナッツなどが実る南国の果樹園に囲まれ、タイ湾に注ぐ川の恵みを受けて水辺の暮らしが発達しました。賑やかな水上マーケットや、水上家屋や日用品を乗せた木製の小舟などが行き交う川べりのノスタルジックな街並みが特徴的です。また、アンパワーを流れるメークローン川には、ランプーの木が生茂り、この花蜜を求めてホタルが生息し、5月から10月にかけてボートからホタル観賞を楽しむことができます。

都会で、自然の中で、そして昔ながらの暮らしが息づく街で、地方ごとに異なるロイクラトン祭り。ロイクラトン祭りを通して今まで知らなかったタイの文化に触れてみてはいかがでしょうか?

特集:とっておきのタイ情報

タイを代表する祭り③タイで最も美しい祭り「ロイクラトン祭り」を巡る
タイの世界遺産を巡る旅アユタヤ遺跡群&スコータイ遺跡群へ ロマン溢れる旅に出よう
知って得する!タイ土産とっておき情報 vol.2タイのスーパーマーケットでお土産探し
タイを代表する祭り③イサーン地方のアーティスティックなお祭り「キャンドル・フェスティバル」

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチで遊ぶ

    ビーチで遊ぶ

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す