• 2022/05/26
    【クラウドファンディング】象と人が共存できる新たな観光の形をスリン県に!
  • 2022/05/25
    【オーガニックハーブブランド】「アバイブーベ・ジャパン」のご紹介
  • 2022/05/24
    【グルメ】『アジアのベストレストラン50』南部料理「ソーン」がアジア第2位の称号を獲得
  • 2022/05/24
    【マラソン】スーパースポーツ 「ラグーナ・プーケット国際マラソン」開催! プーケットまたは日本に居ながらでも参加可能
  • 2022/05/23
    【タオ島】6/7&8開催 「Spotlight Koh Tao@World Ocean Day 2022」
  • 2022/05/23
    【WEB】トラベル Watch「タイ国政府観光庁主催 視察ツアー」チェンマイ編

満喫女子旅!プーケット旅行がもっと楽しくなる5つのこと

プーケットへ行ったら訪れたい旅先!
満喫女子旅!プーケット旅行がもっと楽しくなる5つのこと
  • 満喫女子旅!プーケット旅行がもっと楽しくなる5つのこと
  • 満喫女子旅!プーケット旅行がもっと楽しくなる5つのこと
  • 満喫女子旅!プーケット旅行がもっと楽しくなる5つのこと
  • 満喫女子旅!プーケット旅行がもっと楽しくなる5つのこと
  • 満喫女子旅!プーケット旅行がもっと楽しくなる5つのこと

エメラルドグリーンの海、美味しいタイ料理、インスタ映えするお洒落なカフェ、歩いているだけでワクワクする街並み、つい手が伸びてしまう可愛い雑貨、女の子の好きがギュッと詰まっているのがタイを代表するビーチリゾートのプーケット。別名“アンダマン海の真珠”と言われるリゾート地で女子旅をより満喫するための5つのことを紹介します!

その1*ビーチ探し


まず海好き女子に楽しんで欲しいのがアイランドホッピングならぬビーチホッピング。エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜を持つビーチはプーケットを訪れる旅行者にとっては外せない場所です。プーケットを代表するパトンビーチではマリンアクティビティやショッピングを楽しんだり、カロンビーチでは鳴き砂の上を歩きキュッと鳴る音に耳を傾けてみたり、静かなナイハーンビーチではのんびりしつつ美しい夕日鑑賞をしてみたり、同じプーケット内でも場所によって楽しみ方が変わってきます。最近では北部のマイカオビーチで飛行機との近距離ショットで映え写真を撮る女子が急増中。空港が近いため「ビーチ×飛行機」というレアショットが狙えます。プーケットにはそれぞれの魅力を持つビーチがまだまだ多数ありますので、ビーチホッピングで自分に合うビーチを探してみてはいかがでしょうか。
 

その2*プーケット・タウンで街歩き


ビーチの他にプーケットの過ごし方として注目されているのがプーケット・タウンでの街歩き。島の南東にあるプーケット・タウンにはシノポルトガル様式と呼ばれる2階建ての建築物が並んでいて、カラフルに塗られた建築物や壁いっぱいに描かれた壁画アートなどは写真映えするスポットとして注目を浴びています。博物館や寺院など歴史的な一面を感じながら、可愛いカフェやバー、小物が並ぶ雑貨店などを巡ることができるのもオススメなポイントです。

その3*ご褒美スパ!



毎日の頑張りに旅行先ではのんびりスパタイム。タイのリゾートホテルにはスパが併設されているところが多く、スパ目当てで宿泊先を選ぶお客様も少なくありません。タイ古式マッサージやオイルマッサージはもちろん、ホットストーンやハーバルボールを使った施術、フェイシャルや日焼けした肌用など色々なメニューの中から選ぶことができます。「非日常×プチ贅沢」の組み合わせは女子旅の満足度あげること間違いなしです。街歩きで疲れた足はフットマッサージで解消しましょう。

INFORMATION
・バライスパ / Baray Spa
・住所   38 Katekwan Rd., T.Karon, A.Muang, Phuket 83100 THAILAND
・電話   +66 (0)76 330 979
・営業時間 10:00~22:00

その4*緑に囲まれたカフェと水上レストラン

ビーチのイメージが強いプーケットですがビーチ以外にもカフェやレストランはたくさんあります。初めての方にもリピーターの方にも知ってほしいお店を2軒ご紹介します。
緑に囲まれた「スリーモンキーズレストラン」は、スカイジップラインが楽しめるテーマパーク、ハヌマーンワールド内にあります。乾燥させたヤシの葉で覆われたドーム型の屋根が特徴的な屋外席、三人ほど腰掛けることのできる大きな楕円型のソファ席、ドリンクバーが向かいにある便利な屋内席、大人数でも座ることのできるテーブル席など、複数の席から自分の好きな席を選ぶことができます。メインはタイ料理ですが軽食や多数のドリンクも用意されているのでカフェ感覚で利用することができます。

 
プーケット東部のレームヒンピアと向かい側のココナッツ島の間に浮かぶ水上レストラン「クルーウィットラフト」はそのアクセスがとてもユニークで、車とロングテールボートを乗り継ぎます。店内には生簀があり、いつでも新鮮なシーフードが楽しめます。ソフトシェルクラブがトッピングされた青パパイヤサラダやガーリックシュリンプなどは絶品です。

INFORMATION
スリー・モンキーズ・レストラン / Three Monkeys Restaurant
・住所   105 Moo 4, Muang Chaofah Rd., Wichit, Phuket Town, Phuket 83000, THAILAND
・電話   +66 (0)98 010 8838
・営業時間 10:00~23:00

クルーウィット・ラフト・レストラン / Kruwit raft Restaurant
・住所   Front of Maphro Island M.6 Koh Khaow ,Muang Phuket 83000, THAILAND
・電話   +66 (0)86 687 0892
・営業時間 10:00~22:00

その5*ラム酒蒸留所で乾杯!


タイ産(主にプーケット産)100%のサトウキビを原料に作られるラム酒の蒸留所「Chalong Bay(チャロン・ベイ)」では、見学ツアーも可能で、ツアー参加者には実際にここで作られたラム酒を使ったカクテルが配られ、飲みながら工場見学に参加することができます。見学ツアーではこだわりのラム酒製造方法だけでなく、お酒やプーケットの歴史についても話しを聞くことができます。製造されているラム酒は国内外でも数々の賞を受賞するなど、注目を浴び始めています。現在は通常のラム酒に加えて、シナモンやレモングラス、タイスイートバジルなどフレーバー付きのラム酒など6種類を販売していますので旅の思い出に自分好みのラム酒をみつけてリゾート感漂う中で1杯飲んではいかがでしょうか。

 
INFORMATION
チャロンベイラム醸造所 / Chalong Bay Rum Distillery
・住所   14/2 Moo 2 Soi Palai 2 T. Chalong A. Muang, Phuket 83130, THAILAND
・電話   +66(0)93 575 1119

女子旅へ行こう!

今回紹介した5つの場所以外にもリゾート滞在、サーフィン、ダイビング、真珠やカシューナッツの工場見学、寺院巡り、自然散策、動物との触れ合いなど、プーケットでは様々な過ごし方ができます。年末年始から春休みにかけて特にシーズンを迎えるプーケット、ワクワクドキドキがたくさん詰まった女子旅の候補地として検討してみてはいかがでしょうか。

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画