クレット島

Ko Kret
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

アユタヤ王朝のターイサ王(在位1708–1832)時代、周辺を流れるチョオプラヤー川の一角を掘削工事した際に誕生した町でしたが、その後、川の流れによって次第に陸から離れて現在のような中州、川のなかの「島」の状態になりました。アユタヤ王朝末期からバンコク王朝初期にかけてモーン族が移り住むようになり、現在のワット・パラマイ・イカーやワット・パイロームなどアユタヤ様式の寺院などを建て、先祖代々から伝わる陶器やお菓子づくりで生計を立ててきました。現在も、バーン・カノムタイをはじめとした島内の菓子店では伝統的なお菓子づくり、また焼き物センターではタイで初めてつくられた耐火煉瓦製の窯をそれぞれ見学することができます。

基本情報

名称 クレット島
名称(英) Ko Kret
住所 Ko Kret,Nonthaburi
アクセス BTSサパーン・タークシン駅近くのサートーン桟橋から、ローンテールボートをチャーター [所要時間約1時間、料金は交渉制ですが、約1000バーツ前後]
備考 ツアーを申し込むのをおすすめします

関連記事

関連記事はありません