ンガム・ノイ島

Ko Ngam Noi
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ンガム・ノイ島はンガムヤイ島の少し南にあります。スナギンチャクとサンゴで覆われ、小さな岩山が平行に広がる尾根型の岩山島です。ここの海の生き物には多様性があり、サンゴ礁の周りを泳ぐ大きなウツボ、ハタ、バットフィッシュ、アカエイ、ゴルゴン海老、ウミウシ、ウミガメが生息しています。

チュンポーン県の海は、豊富な天然資源が残るダイビングスポットです。何種類もの魚、黒サンゴ、イソギンチャク、巨大なジンベエザメなどが生息する自然環境が守られています。 ンガム諸島(Mu Ko Ngam)はチュンポーン県で人気のダイビングスポットです。ンガム諸島までチュンポーンからパッケージツアーなどを利用してボートで約1時間。

アンダマン海の海水と比べると、タイ湾の海水はそれほど澄んでおらず、サンゴの色は少し薄いです。タイ湾に位置するンガム諸島は、他のダイビングスポットではなかなか見ることができない多種多様のサンゴ礁に囲まれています。そのため多くの海の生き物の生息地になっており、ダイバーはしばしば鯛の大群、アジ、ホソヒラアジに遭遇します。ンガム諸島には3つの島と岩山があります。それらは、ンガム・ノイ島、ンガム・ヤイ島(Ngam Yai Island)、ラック・ンガム島(Lak Ngam Island)、およびヒン・ラック・ンガム(Hin Lak Ngam)またはヒン・ペー(Hin Pae)です。

ンガム・ヤイ島は、サンゴ礁、島と平行に並んだ岩山、海中に小さな洞窟がある有名なダイビングスポットであるため、ンガム諸島のハイライトです。ンガム・ヤイ島には歩くのに適したビーチはありませんが、険しくて高い崖になっているため、海の生き物の隠れ家になっています。ダイバーが島を訪れると、スカンクカクレクマノミ、ブダイ、バラクーダ、チョウチョウウオ、エンゼルフィッシュ、カメ、ゴルゴンエビ、ウミウシなど、美しい生き物がたくさん見つかります。中でも最も美しいのは、ハードコーラル、ソフトコーラル、海綿動物、イソギンチャクから成る厚いジャングルです。ここは海の生き物が住み家にしています。これが海のバランスを保っています。

基本情報

名称 ンガム・ノイ島
名称(英) Ko Ngam Noi
URL https://www.tourismthailand.org/Attraction/ko-ngam-noi
住所 Mueang Chumphon, Chumphon
アクセス チュンポーンからボートで約1時間
地図Googleマップで確認する

キーワード

ガムノイ, ガームノイ, ンガーム