• 2022/05/25
    【オーガニックハーブブランド】「アバイブーベ・ジャパン」のご紹介
  • 2022/05/24
    【グルメ】『アジアのベストレストラン50』南部料理「ソーン」がアジア第2位の称号を獲得
  • 2022/05/24
    【マラソン】スーパースポーツ 「ラグーナプーケットマラソン」開催! プーケットまたは日本に居ながらでも参加できます
  • 2022/05/23
    【タオ島】6/7&8開催 「Spotlight Koh Tao@World Ocean Day 2022」
  • 2022/05/23
    【WEB】トラベル Watch「タイ国政府観光庁主催 視察ツアー」チェンマイ編
  • 2022/05/20
    【スペシャルインタビュー】タイの俳優シントーさんタイ国政府観光庁 東京事務所 来庁記念
ニュースNews

【グルメ】最新「ミシュランガイド・タイランド 2023」東北地方 “イサーン “に進出

2022/04/26


タイ国政府観光庁(TAT)とミシュランガイドは本日、2022年末に発行予定の第6版において、「ミシュランガイド・タイランド」がタイ東北部(通称”イサーン”)に範囲を拡大することを共同で発表しました。

タイ最大のこの地域には20の県があり、この地域特有の味わい深い料理と、注目すべき自然・文化遺産を持ち合わせるナコーンラーチャシーマー、ウボンラーチャターニー、ウドーンターニー、コーンケーンの4つの地方都市が代表して選ばれています。

TAT総裁ユッタサック・スパーソン氏は、「タイの東北地方は、食文化や歴史、多様な観光スポット、魅力的な地元のライフスタイルの面で、大きな可能性を秘めている」と述べています。美味しい本格的な東北タイ料理(イサーン料理)はもちろん、ナコーンラーチャシーマーを中心としたユネスコ世界遺産にも指定されている「カオヤイ国立公園」、ウボンラーチャターニーの「パー・テーム国立公園」、ウドーンターニーの「バンチェン遺跡」、コーンケーンの「プーウィアン国立公園と恐竜博物館」など、あらゆる年代の方が楽しめる観光スポットが人々を魅了しています。」

「さらに、東北地方には34以上の地理的表示(GI)登録があるすぐれた郷土料理や手工芸品が数多くあり、お土産などの地元の特産品も注目したいところです。2023年版ミシュランガイド・タイランドを発行することで、タイ東北部の食の魅力を世界に発信し、観光や経済の活性化に繋げたい。」とユッタサック氏は語っています。

タイ東北部のイサーン料理は、スコータイ王国やクメール帝国など古代の文化やラオス、ベトナム、カンボジア、中国などの近隣諸国の影響を受けた興味深い背景を持っています。台地や山地には畜産に適した畑や森が広がっていて、世界的に有名なジャスミンライスやもち米など、良質な米の栽培に適した地域でもあります。イサーン料理は内陸に位置するため海産物の食材はありませんが、メコン川をはじめとする多くの河川があり、淡水魚が豊富に生息しています。

ミシュランガイドのインターナショナルディレクターであるグウェンダル・プーレネック(Mr. Gwendal Poullennec)氏は、「ミシュランの審査員たちは、イサーン料理が”煮る、焼く、蒸す、じっくり煮る”などシンプルな調理法を用いながらも繊細で複雑な風味を持つ、風味豊かで独特な料理であることに感銘を受けている」と述べています。また、「特に食品保存技術は、魚や季節野菜を保存し食材として長く使えるという地域の知恵が表れていて、そのことが料理のハイライトである」としています。地魚を塩と米で発酵させた発酵魚[プラーラー](パラー)は、多くの料理やソースに使われてきた最も有名で主要な保存食材で、2012年から国の文化的知恵の遺産として登録されています。

ユニークな食材や興味深い料理の経歴とは別に、海外の世界的に有名なレストランで働いた食の知識と調理経験を持ち、現在は故郷で自分のレストランを開いているイサーン出身のシェフも多くいます。彼らは、地元の食材を使い、すぐれた調理技術と相まって、イサーン料理を次のレベルに引き上げる重要な役割を担っており、より質の高い地元料理の新しいスタンダードを築いています。これは、タイの東北地方がこれから地元の美食を知ってもらうための興味深い観光地になり、地域社会や市場の良好な経済に貢献する素晴らしい兆候です。」とプーレネック氏は述べました。

過去5年間の「ミシュランガイド・タイランド」の存在は、タイを国際的な美食の地として推進するというTATのミッションへの貴重な貢献と見なされています。「ミシュランガイド・タイランド」に掲載されるミシュラン星付きレストラン、ビブグルマン賞受賞レストラン、厳選されたレストランの数は、ミシュランガイドがタイの各地域で新しい領域を開拓し、また、地元のレストランが品質やサービスを向上させ、権威あるミシュランガイドの基準に従っている結果、国内外の旅行者に「ガストロノミー・ツーリズム」について広く知ってもらい、新しい傾向を生み出すのに役立っているのです。

「ミシュランガイド・タイランド」2018年版と最新の2022年版を比較すると、全体的に選ばれた飲食店の数は126から361に増えています。このうち、ミシュラン星付き飲食店は17軒から32軒に、ビブグルマン賞は35軒から133軒に増えています。対象地域も2018年版のバンコクから、2022年版ではアユタヤ、チェンマイ、プーケットとパンガーまで拡大されました。

ミシュランガイドの詳細については、guide.michelin.com/th/enをご覧ください。また、2023年版に関する最新情報にもご注目ください。

タイの食文化について 〜東北(イサーン)地方編〜

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画