バンコクが2位 マスターカード調査2014年「世界渡航先ランキング」

2014/07/10

マスターカードの2014年「世界渡航先ランキング」調査で、バンコクが2位となりました。
バンコクは1,642万人という予測結果となり、アジア太平洋地域では首位を維持しました。

◆マスターカードの「世界渡航先ランキング」について
海外からの渡航者総数と、渡航者による渡航先都市での消費額で世界の都市をランク付けし、2014年の渡航者・旅客数の増加を予測しています。
調査対象の132都市において、海外からの渡航者数と消費額について公表値をもとに独自のアルゴリズムで分析を行っています。また、シンガポール、アムステルダム、フランクフルトなどの都市の「ハブ効果」による歪みを排除する計算処理がなされています。

▼ニュース全文はこちら
http://www.mastercard.co.jp/company/newsroom-140709.html

関連ニュース

関連記事はありません