【タイ】タイの4空港で、赤外線サーモグラフィによる有効なスクリーニングを実施

2020/01/24

1月3日以降、タイでは新型コロナウイルスによる肺炎対策として、スワンナプーム国際空港・ドンムアン空港・チェンマイ空港・プーケット国際空港の4空港にて、すべての乗客に対して赤外線サーモグラフィによる有効なスクリーニングを24時間体制で実施しています。

タイで最初に新型コロナウイルス感染が確認された武漢からの旅行者2名も、空港での赤外線サーモグラフィで高熱が確認され、迅速に対処されました。

タイ保健省は全てのタイ人と観光客、特に武漢からの旅行者に対して、発熱や咳、のどの痛み、鼻水、息切れなどの症状がある場合は、直ちに医療機関を受診するよう呼びかけています。(2020年1月21日)

関連リンク

関連ニュース

関連記事はありません