【日本・タイ】オニツカタイガーがタイ・ドイトゥンの手織りファブリックを使用したコラボシューズを発売

2021/05/24


「MEXICO 66」「MEXICO 66 PARATY」「SERRANO」

オニツカタイガーがタイ・ドイトゥンの手織りファブリックを使用したコラボシューズを発売

日本発のファッションブランド「オニツカタイガー」が、2021年5月24日(月)にタイ王室プロジェクト「ドイトゥン」とのコラボレーションシューズを発売します。

今回発売されるコラボシューズは「MEXICO 66」「MEXICO 66 PARATY」「SERRANO」の3型で、ドイトゥンが環境に配慮した工程を経て、糸を紡ぎ繊細に織り上げた手織りファブリックが使用されています。

サステナブルな取り組みでタイ国内で絶大な信頼を得る「ドイトゥン」と、故プミポン前国王陛下(ラーマ9世)も着用されていたオニツカタイガーとの人と地球に優しいコラボレーションが実現しました。

オニツカタイガー表参道、オニツカタイガー大阪心斎橋、オニツカタイガー神戸、公式オンラインストアで販売されます。なお、「MEXICO 66」にはタイ限定の2モデルもあります。


「MEXICO 66」(タイ限定モデル)

ドイトゥン開発プロジェクトとは


ドイトゥンはタイ北部チェンライ県のミャンマーと国境を接する山岳地域です。ドイトゥン開発プロジェクトは、タイ王国の非営利組織「メーファールアン財団」が実施する王室プロジェクト。1988年の設立以来、タイ北部の何千もの貧しい山岳民族の人々が社会的に自立し、環境にも責任を持った市民として生活していくための支援を行ってきました。

かつてはアヘンの生産が行われていた地域の人々も、今ではファブリックの生産やコーヒー栽培等、ドイトゥン開発プロジェクトの下でさまざまな公正な仕事の機会を得ています。ドイトゥン開発プロジェクトは人々の暮らしの向上に加え、タイの自然や文化の保存を使命としています。