ワット・ロンスアテン

Wat Rong Sua Ten
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ワット・ロンスアテン(วัดร่องเสือเต้น)はブルーテンプルとも知られています。この寺院は、チェンライの有名なホワイトテンプルを建築したチャルーンチャイ・コーシピパット氏の弟子であるスラーノック(プッター・ガープケオ)氏によって建築されました。仏教や神話をモチーフにしており、熟練した職人の感性と技が生み出す独特な寺院です。本堂の前で建物を守っている立派なナーガはもう一つのチェンライの名所、バーンダム ミュージアムを設立した有名なアーティスト、タワン・ダッチャニー氏の工芸品をモチーフにデザインしたものです。

基本情報

名称 ワット・ロンスアテン
名称(英) Wat Rong Sua Ten
URL https://www.facebook.com/วัดร่องเสือเต้น-ตำบลริมกก-อำเภอเมือง-จังหวัดเชียงราย-1377394525916951/
住所 Rim Kok, Mueang Chiang Rai District, Chiang Rai 57100
アクセス チェンライ市街から空港方向へ、約4km。メーコックロード沿いにあります。
電話 082-026-9038
備考 問い合わせ先:タイ国政府観光庁チェンライ事務所 TEL 053-717433