プララーム・ラーチャニウェート(バーンブン離宮)

Pharam Ratcnaniwet
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ラマ5世・チュラロンコーン大王が、1910年に着工し6年の歳月をかけ建築しました。ドイツ人の設計家にデザインさせており、ウィルヘルム・カイザーの宮殿をモデルにした2つのドームと茶色の中国製タイル屋根が特徴のヨーロピアン・スタイルの建物です。もともとは「バンブン離宮」と呼ばれていましたが、1918年に国賓の宿泊施設として使用された時に名称を変更。中庭や大理石が敷き詰められた床、ヨーロッパから取り寄せられた調度品の数々、一部にはフレンチ・アールヌーヴォーを取り入れた意匠も見られ、20世紀前半のヨーロピアン・テイストに触れることができます。

基本情報

名称 プララーム・ラーチャニウェート(バーンブン離宮)
名称(英) Pharam Ratcnaniwet
営業時間 8時から16時まで(月〜金)、8時から16時半まで(土・日)
料金 入館料:50バーツ
住所 Klong Kra Saeng Muang Phetchaburi, Phetchaburi 76000
アクセス ホアビンから所要時間1時間半、65km。エアコンバス30バーツ、チャアムから所要時間30分、35km。エアコンバス30バーツ
電話 032-428-506-10 (内線259)
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ

特集:とっておきのタイ情報

タイを代表するクリエイターにインタビュー vol.2世界が注目するタイブランド「DISAYA」デザイナー、ディサヤ氏
人気店のオーナーに聞く!タイの郷土料理 vol.3味付けがマイルドな「タイ北部料理」
ラグジュアリーなリゾートステイ、ビーチアクティビティ、内陸部の秘境巡りを存分に楽しむ写真好きな女子のためのモデルプラン~秘境リゾートクラビ+~
スムーズにバンコクを旅しよう!バンコクの公共交通機関の利用方法とおすすめルート

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチに行こう!

    ビーチに行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す