• 2022/05/25
    【オーガニックハーブブランド】「アバイブーベ・ジャパン」のご紹介
  • 2022/05/24
    【グルメ】『アジアのベストレストラン50』南部料理「ソーン」がアジア第2位の称号を獲得
  • 2022/05/24
    【マラソン】スーパースポーツ 「ラグーナプーケットマラソン」開催! プーケットまたは日本に居ながらでも参加できます
  • 2022/05/23
    【タオ島】6/7&8開催 「Spotlight Koh Tao@World Ocean Day 2022」
  • 2022/05/23
    【WEB】トラベル Watch「タイ国政府観光庁主催 視察ツアー」チェンマイ編
  • 2022/05/20
    【スペシャルインタビュー】タイの俳優シントーさんタイ国政府観光庁 東京事務所 来庁記念

プララーム・ラーチャニウェート(バーンブン離宮)

Pharam Ratcnaniwet (Ban Puen Palace)
プララーム・ラーチャニウェート(バーンブン離宮)
  • プララーム・ラーチャニウェート(バーンブン離宮)
  • プララーム・ラーチャニウェート(バーンブン離宮)
  • プララーム・ラーチャニウェート(バーンブン離宮)
  • プララーム・ラーチャニウェート(バーンブン離宮)
  • プララーム・ラーチャニウェート(バーンブン離宮)
  • プララーム・ラーチャニウェート(バーンブン離宮)

ラマ5世・チュラロンコーン大王が、1910年に着工し6年の歳月をかけ建築しました。ドイツ人の設計家にデザインさせており、ウィルヘルム・カイザーの宮殿をモデルにした2つのドームと茶色の中国製タイル屋根が特徴のヨーロピアン・スタイルの建物です。もともとは「バンブン離宮」と呼ばれていましたが、1918年に国賓の宿泊施設として使用された時に名称を変更。中庭や大理石が敷き詰められた床、ヨーロッパから取り寄せられた調度品の数々、一部にはフレンチ・アールヌーヴォーを取り入れた意匠も見られ、20世紀前半のヨーロピアン・テイストに触れることができます。

基本情報

名称 プララーム・ラーチャニウェート(バーンブン離宮)
名称(英) Pharam Ratcnaniwet (Ban Puen Palace)
営業時間 8時から16時まで
料金 入館料:50バーツ
住所 Klong Kra Saeng Muang Phetchaburi, Phetchaburi 76000
アクセス ホアビンから所要時間1時間半、65km。エアコンバス30バーツ、チャアムから所要時間30分、35km。エアコンバス30バーツ
電話 032-428-506-10 (内線259)
備考  
地図Googleマップで確認する
キーワード
プララームラーチャニウェート Ban Puen Palace พระรามราชนิเวศน์ วังบ้านปืน  Phra Ram Ratchaniwet Wang Ban Pue

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画