ソンクラーン(アユタヤ)

Phra Nakhon Si Ayutthaya Songkran Festival
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ソンクラーンとはタイの正月で、太陽の軌道が12ヶ月の周期を終え、新たに白羊宮(おひつじ座)に入る時期を祝うもの。もともとソンクラーンには仏像や仏塔へ、さらに家族の年長者などの手に水を掛けてお清めをするという伝統的な風習があり、近年はそれが転じて街の往来で通行人どうしが水を掛けあって楽しむ「水掛け祭り」として知られるようになりました。現在は毎年4月13・14・15日の3日間に行うものとされており、タイの祝日にも定められています。
アユタヤのソンクラーンも、多くの地方と同様、13日をメインに、14日、そして15日の三日間にわたってさまざまな催しが行われます。ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット寺院の境内では、早朝から市民が集まり、僧侶の托鉢にお供えものをしたり仏像に水をかけたりと伝統的なお祝いが行われますが、一方街なかでは、ミス・ソンクラーンのコンテストや、民族衣装を身にまとった人々が練り歩くパレードなど楽しいイベントが目白押し。また旧市街のエレファント・キャンプやスアンプリックの象柵跡で行われる、象との水かけ合戦に参加するのもおすすめです。

基本情報

名称 ソンクラーン(アユタヤ)
名称(英) Phra Nakhon Si Ayutthaya Songkran Festival
期間 2017年4月13日~15日
住所 ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピットや、旧市街周辺など
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ