ソンクラーン(プラパラデーン)

Phra Pradaeng Songkran Festival
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ソンクラーンとはタイの正月で、太陽の軌道が12ヶ月の周期を終え、新たに白羊宮(おひつじ座)に入る時期を祝うもの。もともとソンクラーンには仏像や仏塔へ、さらに家族の年長者などの手に水を掛けてお清めをするという伝統的な風習があり、近年はそれが転じて街の往来で通行人どうしが水を掛けあって楽しむ「水掛け祭り」として知られるようになりました。現在は毎年4月13・14・15日の3日間に行うものとされており、タイの祝日にも定められています。
このサムットプラーカーン県プラパラデーン地区のソンクラーンは、タイ全国でも最大級。この地区にはモーン族が古くから暮らしているため、モーン族ならではの民謡劇や「サバー」という伝統的な遊び、そして壮大なパレードなどが繰り広げられます。また、ほかの地方と異なって開催期間が4月13日の1週間後の週末と決まっているのも特徴のひとつです。

基本情報

名称 ソンクラーン(プラパラデーン)
名称(英) Phra Pradaeng Songkran Festival
期間 2018年4月20日~22日
住所 プラパラデーン区役所前
地図Googleマップで確認する