スワン・パヤーラサダー公園

Phraya Rasada Park
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail

150年前の県知事、パヤー・ラサダー氏の記念公園。タイに産業を、とマレーシアから最初にゴムの木を持ち込んだ人として知られています。カンタンという街にはいまも最初にもちこまれたゴムの木が残っていて観光スポットになっています。福建省出身の両親をもち、ラノーン県生まれで許心美という名前でしたが、ゴムやコーヒーの栽培、鶏卵生産などトランに産業を興した功績により、当時のラーマ5世王からプーケット、トラン、ラノーンなど7つの南部各県を管轄するプーケット州知事として任命され、現在の名前を頂いたとか。

基本情報

名称 スワン・パヤーラサダー公園
名称(英) Phraya Rasada Park
料金 無料
住所 Amphur Muang, Trang
アクセス 駅からトゥクトゥクで10分
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ