プーソイダーオ国立公園

Phu Soi Dao National Park
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ピッサヌロークとウッタラディットの2県にまたがって広がる総面積約340km²のプーソイダーオ国立公園は、タイで4番目に高い山。南北に連なる標高約2,102mのソイダーオ山(プー=山の意味)は、常緑樹がうっそうと茂る自然豊かな森林で、タイと隣国のラオスを隔てる国境にもなっています。平均気温が27℃と特に気温が高い暑期(2月下中頃~5月頃)でも比較的過ごしやすい気候のため、一年を通して訪れることができます。ベストシーズンは、高山植物の黄色や紫色の花々やパフィオなどの野生蘭が満開になる11月中旬から1月中旬までの間。松林が広がる山頂からは早朝の雲海はもちろん、周辺のパノラマの景色を見渡せるほか、その途中にはソイダーオ滝やサーイティップ滝などの見どころもあります。

また、5月頃から10月のグリーンシーズン(雨期)の時期に訪れるチャンスがあれば、早起きをして頂上を目指し、雲海の絶景を堪能して、その季節にしか咲いていない薄紫色の花が咲くツユクサ科のイボクサが咲き乱れているのをみることができます。頂上までのルートは総距離約6.5kmですが、5つの急なピークを越える必要があることと、急勾配でキャンプ場まで歩くのにかなりの時間がかかるため、体力に自信がある方で少なくとも2泊3日ほどの時間が確保できる方が対象となります。歩いていると大自然の美しさを五感で感じることができ、沢沿いの登山道を歩いていくと澄んだ水の流れが耳に心地よく、プーソイダーオ滝の心安らぐ景観などさまざまな自然を堪能することができます。もっと奥に進んでいくと、幹全体が緑の苔で覆われた巨大な古代の木々や苔むす岩々に清流が流れる風景を見ることができ、めったに見られない色とりどりの野生の花もたくさん咲いています。そして最後は、山頂にたどり着いたご褒美に、雲をまとった美しく雄大な松の密林の風景が入山者を待っています。

基本情報

名称 プーソイダーオ国立公園
名称(英) Phu Soi Dao National Park
営業時間 入園は毎日08:00~14:00まで。毎年1月15日から6月末までは山頂で宿泊が可能になり、キャンプが解禁になります。
住所 Huai Mun, Nam Pat, Uttaradit 53110
アクセス ピッサヌローク市内から路線バスでチャートラカーン郡へ(約100km)、そこからは1日1本運行の国立公園行きソンテウに乗車(約70km)。ピッサヌローク市内からソンテウをチャーターすることもできます。(運賃は交渉制/約2,600バーツ前後)
電話 プーソイダーオ国立公園事務所:055-436-001, 055-436-002
地図Googleマップで確認する

キーワード

プーソイダーオ国立公園 プーソイダーオ 国立公園 ソイダオ ソイダーオ プーソイダーウ