プラ・プッタナワラーントゥー

Pra Puttha Nawalanteu
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ゴールデントライアングルのシンボルとしてつくられた、幅9.99メートル×高さ15.99メートルの黄金色の大仏。「ラーントゥー」とは「何百万チャン」(1チャン=1.2キロ)もある大仏のことを指した言葉で、バンコク王朝のラーマ3世(1824~1851)時代にメコン川へ水没した大仏を2004年8月に復元したもの。ブロンズ製の本体に金箔が貼られており、重さは締めて69トン。微笑んでいるようなまるみを帯びた顔は、インドから直接影響を受けた初期チェンセーン様式の特徴だそうです。夕方にはライトアップされていて、記念写真撮影の観光客で賑わいます。

基本情報

名称 プラ・プッタナワラーントゥー
名称(英) Pra Puttha Nawalanteu
料金 無料
住所 Chiang Saen, Chiang Rai
アクセス チェンライ市内から緑のバスでチェンセーンへ。そこからはチェンセーン市場前でソンテウに乗り換えてソブルークへ
地図Googleマップで確認する

キーワード

特集:とっておきのタイ情報

家族みんなで一生の思い出を作ろう!思い出に残る、タイで卒業記念家族旅行
一生忘れられない思い出を子供も大人も楽しめる!家族旅行でタイに行こう
女子旅におすすめ!ジャズを満喫できる旅ジャズ初心者でも楽しめる、ホアヒン&バンコクジャズ旅の3泊4日のモデルプラン
タイにある教会やモスク、中国寺院を巡って異文化体験をしようタイの多様性を感じるお寺巡り旅

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す