プラ・プッタナワラーントゥー

Pra Puttha Nawalanteu
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ゴールデントライアングルのシンボルとしてつくられた、幅9.99メートル×高さ15.99メートルの黄金色の大仏。「ラーントゥー」とは「何百万チャン」(1チャン=1.2キロ)もある大仏のことを指した言葉で、バンコク王朝のラーマ3世(1824~1851)時代にメコン川へ水没した大仏を2004年8月に復元したもの。ブロンズ製の本体に金箔が貼られており、重さは締めて69トン。微笑んでいるようなまるみを帯びた顔は、インドから直接影響を受けた初期チェンセーン様式の特徴だそうです。夕方にはライトアップされていて、記念写真撮影の観光客で賑わいます。

基本情報

名称 プラ・プッタナワラーントゥー
名称(英) Pra Puttha Nawalanteu
料金 無料
住所 Chiang Saen, Chiang Rai
アクセス チェンライ市内から緑のバスでチェンセーンへ。そこからはチェンセーン市場前でソンテウに乗り換えてソブルークへ

この記事のタグ