ワット・アルン ・ラーチャワララーム (暁の寺)

Wat Arun Ratchawararam
ワット・アルン ・ラーチャワララーム (暁の寺)
  • ワット・アルン ・ラーチャワララーム (暁の寺)
  • ワット・アルン ・ラーチャワララーム (暁の寺)
  • ワット・アルン ・ラーチャワララーム (暁の寺)
  • ワット・アルン ・ラーチャワララーム (暁の寺)
  • ワット・アルン ・ラーチャワララーム (暁の寺)
  • ワット・アルン ・ラーチャワララーム (暁の寺)
  • ワット・アルン ・ラーチャワララーム (暁の寺)
  • ワット・アルン ・ラーチャワララーム (暁の寺)
  • ワット・アルン ・ラーチャワララーム (暁の寺)
  • ワット・アルン ・ラーチャワララーム (暁の寺)

「ワット・アルン・ラーチャワララーム」は、”ワット・アルン”の呼び名で親しまれている建立がアユタヤ時代にさかのぼる古い寺院。以前は「オリーブ寺」として知られていましたが、タークシン大王の治世にトンブリーへの首都移転を計画中に川を進行していたところ、オリーブ寺の前に到着したため、ラーマ1世の即位まで「ワット・チェン」と改名されました。しかし、ラーマ1世は完成前に亡くなったため、ラーマ2世はその後修復を完了させ、寺院名を現在の「ワット・アルン・ラーチャワララーム」としました。現在は、「ワット・アルン」の名で親しまれています。

また、アルンとは「暁」という意味で、三島由紀夫の小説「暁の寺」に描かれた寺院であることから、日本人にも馴染み深い名所です。

トンブリー王朝からチャクリー王朝となってからは、「ワット・プラ・ケオ」(エメラルド寺院)にエメラルド仏も移されました。大仏塔の右にある本堂はラーマ2世の建立で、台座には王の遺骨が納められています。

2013年9月から再び大規模な改修工事を行い、2017年8月に終了しています。

基本情報

名称 ワット・アルン ・ラーチャワララーム (暁の寺) ※通称「ワット・アルン」
名称(英) Wat Arun Ratchawararam
URL https://www.watarun1.com/en
営業時間 08:00~17:30
料金 100バーツ
住所 34 Arunamarin Rd., Wat Arun, BangkokYai, Bangkok 10600
アクセス エクスプレスボートでワット・アルン船着場へ。向かいのターティアン船着場から渡し船を利用してのアクセスも可能。
電話 02-891-2185 (Wat Arun Central Office)
地図Googleマップで確認する
キーワード
ワットアルンラーチャワララーム ワットアルン アルン 暁の寺 Wat Arun

旅に必要なリスト

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画