ワット・ジェット・ヨード

Wat Ched Yod
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

四角い基壇となる建物の上に7つの仏塔が建つという、珍しいかたちをした建造物のある寺院。境内に大きな菩薩の木が植えられていることから、地元では「ワット・ポータラーム」(菩薩の寺)とも呼ばれています。1456年、ランナー王朝第11代王のティロカラート(1442~1460年)が仏教の聖地・インドのブッダガヤを参考につくらせたと伝えられ、完成後、ティロカラート王はインドそしてスリランカに次ぐ第8度の三経編纂会を執り行い、仏教の伝承につとめようとしました。境内にある大きな仏塔には、ティロカラート王の遺骨が納められています。

基本情報

名称 ワット・ジェット・ヨード
名称(英) Wat Ched Yod
営業時間 8時から17時
料金 無料
住所 Chiang Mai-Lampang Super Highway, Chiang Mai
アクセス 市内からソンテウで約20分
備考 ※【5ランナー寺院】ランナー王朝時代の建築様式を持つ代表的な寺院

この記事のタグ