ワット・チェン・マン

Wat Chiang Man
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

1296年、メンラーイ王によるチェンマイ創都の時に建てられた寺院で、かつては王の宮殿として利用されていました。本堂にはソンクラーン祭りに登場する大理石の仏像「プラ・シーラー・カオ」と水晶の像「プラ・セータン・カマニイー」を安置。基部を15頭の象に支えられた仏塔も見応えがあります。見学は基本的に日曜に限られます。

基本情報

名称 ワット・チェン・マン
名称(英) Wat Chiang Man
URL https://thai.tourismthailand.org/สถานที่ท่องเที่ยว/วัดเชียงมั่น--123
営業時間 8時から17時まで
料金 拝観自由
住所 270 Ratchapakhinai Rd, Amphoe Mueang, Chiang Mai 50200
アクセス 旧市街内、ターペー門から北方向へ約1km、車で約5分。
電話 タイ国政府観光庁チェンマイ事務所:+66 (0)53 248 604-5
備考 ※【5ランナー寺院】ランナー王朝時代の建築様式を持つ代表的な寺院
地図Googleマップで確認する

キーワード

วัดเชียงมั่น, ワット チェン マン, ワット チェンマン

特集:とっておきのタイ情報

タイにある教会やモスク、中国寺院を巡って異文化体験をしようタイの多様性を感じるお寺巡り旅
バンコクからアクセスしやすいビーチリゾートビーチへ行こう!前編 〜バンコクから簡単に行けるビーチ〜
今年の様子と魅力をお届け!水かけEDMフェス「WATERZONIC」レポート
新市街の注目スポットから、象と触れ合える山岳地帯まで欲張りに遊び尽くす旅上手な女子のための3泊5日のモデルプラン〜チェンマイ編〜

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す