ワット・チョン・クラーン&ワット・チョン・カム

Wat Chong Klang & Wat Chong Kham
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

メーホンソーンの静かな町の南東部にあるチョン・カム湖の畔に並んで佇む寺院で、写真右が「ワット・チョン・クラン」、左が「ワット・チョン・カム」です。敷地内には本堂、礼拝堂、仏塔などが建立され、白い肌をした仏像や青・赤・黄色の装飾、また何層にも重なり合った美しい銀色の屋根はミャンマー特有の仏教様式で、隣国ミャンマーとの繋がりを感じます。
また、日暮れを迎える頃にはチョン・カム湖周辺でナイトマーケットが開催され、黄金色に染まる仏塔を見ることもできます。

基本情報

名称 ワット・チョン・クラーン&ワット・チョン・カム
名称(英) Wat Chong Klang & Wat Chong Kham
営業時間 08:00~17:00頃まで
料金 拝観自由
住所 Chong Kham, Muang Mae Hong Son, Mae Hong Son 58000
アクセス メーホンソーン中心部から車で約10分

この記事のタグ