• 2022/07/01
    【大阪事務所】業務時間等変更のお知らせ
  • 2022/07/01
    【特集記事】タイの食文化について 〜中央部編〜
  • 2022/07/01
    【テレビ】7月3日放送サンバリュ『霜降り風磨のワクワクメディア』
  • 2022/06/30
    【特集記事】タイの食文化について 〜南部編〜
  • 2022/06/30
    【インタビュー】お祭り系アイドルFES☆TIVE
  • 2022/06/29
    【映画】『プアン/友だちと呼ばせて』8/5より全国順次ロードショー 

ワット・クラーン

Wat Klang
ワット・クラーン
  • ワット・クラーン
  • ワット・クラーン
  • ワット・クラーン
  • ワット・クラーン
  • ワット・クラーン
  • ワット・クラーン
  • ワット・クラーン
  • ワット・クラーン

パーイ市内の一角にある寺院。広い境内の真ん中には、北部地方でよく見られるミャンマー様式の仏塔があり、木造の礼拝堂には地元の人たちの信仰を集めるご本尊が祀られています。

戦時中の1941~1943年まで激しい戦いを繰り広げ、たくさんの死傷者を出したビルマ戦で、日本軍はこのワット・クラーンを負傷者を収容する病院として使用していたという記録が残されています。また、礼拝堂へ上がって入り口の左手付近には、当時の日本軍の遺品が展示されています。

基本情報

名称 ワット・クラーン
名称(英) Wat Klang
料金 参拝自由
住所 Moo 1, Tambon Wiang Tai Pai, Mae Hong Son 58130
アクセス パーイ市内のバスターミナルからすぐ
地図Googleマップで確認する
キーワード
ワットクラーン ワットクラン

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画