ワット・マハタート(ヤソートーン)

Wat Mahathat
この記事のタグ
photo

市街地にあり、その歴史はかつてのバン・ターシン集落(現ヤソートン)の初期にさかのぼる。主な古代建築物としてプラ・ブッダ・ブッサヤラート仏像、プラタート(仏舎利)・ヤソートン、経典堂(ホー・トライ)などがある。プラ・ブッダ・ブッサラヤート仏は通称プラ・ケオヤッナムとして親しまれ、瞑想姿の坐像でチェンセン様式、膝幅1.9m。ヤソートンの古代シンボルでラマ3世王より初代県知事に贈られたもの。

基本情報

名称 ワット・マハタート(ヤソートーン)
名称(英) Wat Mahathat
営業時間 毎日8:00〜16:00
料金 無料
住所 Nai Muang VI Muang Yasothon Yasothon
アクセス チャーター車が便利。一日ドライバー付で約1,500B(別途ガソリン代が必要)。
地図Googleマップで確認する