ワット・ナーム・フー

Wat Nam Hoo
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

1931年にご本尊の「プラ・ウンムアン」を祀るために建立された寺院で、ご本尊はアユタヤ王朝の大王・ナレスアンが自分の身代わりで人質としてビルマに差し出された姉上様・スパンカラヤ王女のためにつくられたと言い伝えられています。高さ111センチ、幅80センチのご本尊は頭部の中が空洞になっていて、髪の部分を取り外すことができるようになっています。この頭部から水が染み出ていることで、参拝者の多くはその「聖水」を持ち帰り、パーイの人々の尊敬を集める寺院のひとつとなりました。あるとき、その噂を聞きつけて、ご本尊を別の寺院へ運び出そうとした人もいましたが、運ぶために使った台車が何度も壊れてしまいついに諦めたという不思議な言い伝えもあります。また、境内には大きな仏塔があり、中にはビルマで殺害されたスパンカラヤ王女の髪の毛が納められたと伝えられています。

基本情報

名称 ワット・ナーム・フー
名称(英) Wat Nam Hoo
料金 拝観自由
住所 Moo 5, Tambon Wiengtai Pai, Mae Hong Son 58130
アクセス パーイ中心部から車で約10分

この記事のタグ