ワット・パーサック

Wat Pa Sak
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ランナー王朝の初代王メンライの孫・セーンプー王によって1295年に建立された寺院。「パーサック」とはチーク林を意味する言葉で、約25万平方メートルの敷地内は300本のチーク林と22の遺跡に囲まれる大規模な遺跡公園となってます。その中央には、高さ12.5メートル×底の幅8メートルのパゴダ。周囲には仏像や天使の彫刻が施されていて、ランナー王朝の繁栄ぶりを改めて物語っています。チェンセーン遺跡のなかで、これほどきれいなものが残っているのはこのワット・パーサックのパゴダだけです。近くには、西側の城壁もありますので遺跡好きな方はゆっくり散策することができます。

基本情報

名称 ワット・パーサック
名称(英) Wat Pa Sak
料金 拝観料50バーツ
住所 Wiang, Chiang Saen, Chiang Rai
アクセス チェンセーン船着場から1016号線を西へ徒歩20分
電話 053-650-803
地図Googleマップで確認する

キーワード