ワット・プーカオ・トーン

Wat Phu Khao Thong
この記事のタグ
photo

1569年、ビルマのバイナウン王がアユタヤを占領した時に建てた高さ80mを誇る寺院です。当初はビルマ様式でしたが、その後アユタヤ王朝を再興したナレスアン王がタイ様式に改め、現在の塔は1754年に造られました。1956年には仏歴25世紀を祝って頂上に2.5kgの黄金の珠が付けられ、別名「黄金の仏塔寺院」と呼ばれています。仏塔は階段で上に上れるようになっており、頂上からは遠くアユタヤの街が一望できます。

基本情報

名称 ワット・プーカオ・トーン
名称(英) Wat Phu Khao Thong
住所 Phukhao Thong Phra Nakhon Si Ayutthaya
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ