ワット・サワン・アーロム (別名:ワット・タム・シー・トーン)

Wat Sawang Arom / Wat Tham Si Thon
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

この寺院は40ライ(6万4千平方メートル)のエリアを覆う岩石丘の上に位置し、岩石の下には小川が流れています。

寺院には涅槃仏が安置されています。岩石丘の上には鐘型の本堂があります。頂上に行くと、参拝者は隣国ラオスの景色を見ることができます。伝説によれば、このエリアは、ラオスのPak San地区、Ban Pak Kluaiから移住したパク・カト族の集落であり、昔はこの地域にジャングルがあり、さまざまな野生生物が生息していました。この場所は静かで修行に適していたため、定期的に僧侶が巡礼に来ていたといわれています。その後、パク・カト族の村人から尊敬されていた高僧ドン・インタサーロ(別名:ルアンプー・ドーン)が寺院を建てました。寺院の別名であるワット・タム・シー・トーンは、タオ・シー・トーンによって統治された町、ペン・チャン・ナコン・ラットの近くにあるという事実に由来すると考えられています。

基本情報

名称 ワット・サワン・アーロム (別名:ワット・タム・シー・トーン)
名称(英) Wat Sawang Arom / Wat Tham Si Thon
URL https://www.tourismthailand.org/Articles/10-things-to-do-in-bueng-kan
住所 Pak Khat, Pak Khat District, Bueng Kan 38220
アクセス ブンカーン市内から車で約50分
地図Googleマップで確認する

キーワード

特集:とっておきのタイ情報

タイ旅行いつから行ける?そろそろ次のタイ旅行を準備しよう③【タイへさきたび】バンコク
海も陸も満喫できるプーケット&アンダマン海北部の人気ポイントに近いカオラックでダイビングを楽しもう【タイでダイビング】タイ南部のプーケット&カオラック
タイ有数のダイビングサイト タオ島&サムイ島でダイビングを楽しもう【タイでダイビング】タイ南部のタオ島&サムイ島
バンコクはルーフトップバー天国シリーズ第二弾アクセス抜群!BTSスクンビット線沿いのルーフトップバー5選

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す