ワット・サワン・アーロム (別名:ワット・タム・シー・トーン)

Wat Sawang Arom / Wat Tham Si Thon
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

この寺院は40ライ(6万4千平方メートル)のエリアを覆う岩石丘の上に位置し、岩石の下には小川が流れています。

寺院には涅槃仏が安置されています。岩石丘の上には鐘型の本堂があります。頂上に行くと、参拝者は隣国ラオスの景色を見ることができます。伝説によれば、このエリアは、ラオスのPak San地区、Ban Pak Kluaiから移住したパク・カト族の集落であり、昔はこの地域にジャングルがあり、さまざまな野生生物が生息していました。この場所は静かで修行に適していたため、定期的に僧侶が巡礼に来ていたといわれています。その後、パク・カト族の村人から尊敬されていた高僧ドン・インタサーロ(別名:ルアンプー・ドーン)が寺院を建てました。寺院の別名であるワット・タム・シー・トーンは、タオ・シー・トーンによって統治された町、ペン・チャン・ナコン・ラットの近くにあるという事実に由来すると考えられています。

基本情報

名称 ワット・サワン・アーロム (別名:ワット・タム・シー・トーン)
名称(英) Wat Sawang Arom / Wat Tham Si Thon
URL https://www.tourismthailand.org/Articles/10-things-to-do-in-bueng-kan
住所 Pak Khat, Pak Khat District, Bueng Kan 38220
アクセス ブンカーン市内から車で約50分
地図Googleマップで確認する

キーワード