ワット・ウモーン

Wat Umong
ワット・ウモーン
  • ワット・ウモーン
  • ワット・ウモーン
  • ワット・ウモーン
  • ワット・ウモーン
  • ワット・ウモーン
  • ワット・ウモーン
  • ワット・ウモーン
  • ワット・ウモーン
  • ワット・ウモーン
  • ワット・ウモーン

ステープ地区の古刹、うっそうと茂った木々に囲まれたワット・ウモーン。ランナー王朝の初代メンラーイ王がチェンマイに都をつくった際に、スリランカから招いた僧侶が修行できるようにと11か所の竹林を寄進し、スリランカ様式に基いて建てられた寺院です。

その後、僧侶が瞑想修行できるようにとアナータムミカラート王(1367~1387年)が4つの入り口を持つトンネルを掘るよう命じました。以降、寺院は「ウモーン」(タイ語でトンネルの意味)の寺と呼ばれるようになり、現在は隣接する4つの寺院を合併して「スアン・プッタタム」という修行センターとして発展。広い境内のいたるところに、1949~1966年にかけて寺の住職を務めたパンヤー・ナンタピック高僧による仏教の教えが書かれた看板が立てられていて、各地から厳しい修行を志す僧侶が目指す寺院となっています。

敷地内には、観光客も瞑想プログラムに参加できる部屋があり、自然に囲まれた静かな環境で心をリセットできる場所です。

基本情報

名称 ワット・ウモーン
名称(英) Wat Umong
URL http://www.watumong.org/web/
営業時間 05:00~20:00
住所 135 Moo 10 Suthep Subdistrict, Chiang Mai 50200
アクセス チェンマイ中心部より車で約20分
電話 085-033-3809
地図Googleマップで確認する
キーワード
ワットウモーン

旅に必要なリスト

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画