ウィアン・クム・カーム遺跡

Wiang Kum Kam Remains
photo
  • thumbnail
  • thumbnail

チェンマイの南東約5km、車で約20分のこの場所にメンラーイ王によって築かれたランナー王朝、最初の都がありました。度重なる洪水によって、都は土砂に埋まり、何百年もの間、「ウィアン・クム・カーム」という名前も忘れ去られていたといいます。1984年に発見された、かつての堀の中には約20もの寺院が点在し、考古学者や歴史家の調査・修復された仏塔や遺跡は、ランナー文化を今に伝える貴重な歴史遺産と言えます。

基本情報

名称 ウィアン・クム・カーム遺跡
名称(英) Wiang Kum Kam Remains
電話 053-27-7322
地図Googleマップで確認する