• 2022/07/01
    【大阪事務所】業務時間等変更のお知らせ
  • 2022/07/01
    【特集記事】タイの食文化について 〜中央部編〜
  • 2022/07/01
    【テレビ】7月3日放送サンバリュ『霜降り風磨のワクワクメディア』
  • 2022/06/30
    【特集記事】タイの食文化について 〜南部編〜
  • 2022/06/30
    【インタビュー】お祭り系アイドルFES☆TIVE
  • 2022/06/29
    【映画】『プアン/友だちと呼ばせて』8/5より全国順次ロードショー 

ウィアン・クム・カーム遺跡

Wiang Kum Kam Remains
ウィアン・クム・カーム遺跡
  • ウィアン・クム・カーム遺跡
  • ウィアン・クム・カーム遺跡
  • ウィアン・クム・カーム遺跡
  • ウィアン・クム・カーム遺跡

チェンマイの南東約5km、車で約20分のこの場所にメンラーイ王によって築かれたランナー王朝、最初の都がありました。度重なる洪水によって、都は土砂に埋まり、何百年もの間、「ウィアン・クム・カーム」という名前も忘れ去られていたといいます。1984年に発見された、かつての堀の中には約20もの寺院が点在し、考古学者や歴史家の調査・修復された仏塔や遺跡は、ランナー文化を今に伝える貴重な歴史遺産と言えます。

基本情報

名称 ウィアン・クム・カーム遺跡
名称(英) Wiang Kum Kam Remains
電話 053-27-7322
地図Googleマップで確認する

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画