ノンウェンのヤオ族集落

Yao Hilltribe Village(Nong Waen)
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

メーチャンの一角にあるヤオ(ミャン)族村。村長の奥さんによると、約40年前に形成された比較的新しい村で、現在の人口は900人。村の入り口には土産物の屋台が建ち並び、その奥に家々があります。見たところ比較的裕福な家が多そうでした。普段はライチ、トウモロコシなどの栽培、女性たちは刺繍や小物をつくって販売しています。彼らはもともと中国の長江周辺に暮らしていましたが、独立心が強く中央政府の干渉を避けて次第に山間へ移住し、その一部が雲南省を経てベトナム、ラオス、そしてタイの北部地方へ移り住むようになったとか。ちなみに「ヤオ族」は漢民族の言葉で野蛮人を意味するので、自らは「ミャン」と称しています。ミャンの女性は、赤いマフラーをまいた上着に、きれいな刺繍が施されたズボン、頭には黒い布を巻いているのが特徴。山岳民族のなかでもっとも手先が器用できれい好きと言われています。刺繍以外に銀細工も得意としています。ちなみに、チェンライ県内には、ここやメーサロン、メーサイのほか、25の村に分かれて定住しています。

基本情報

名称 ノンウェンのヤオ族集落
名称(英) Yao Hilltribe Village(Nong Waen)
URL http://mien.hilltribe.org/english/
住所 74 Moo 13, Mae Chan, Chiang Rai 57110
アクセス チェンライ市内からソンテウをチャーター
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ

特集:とっておきのタイ情報

旅の計画に役立つ!5分でわかる、はじめてのバンコク旅行
スムーズにバンコクを旅しよう!バンコクの公共交通機関の利用方法とおすすめルート
4泊6日のモデルコース紹介パタヤ&サメット島で楽しむラグジュアリーな旅〜後編〜
ラグジュアリーなリゾートステイ、ビーチアクティビティ、内陸部の秘境巡りを存分に楽しむ写真好きな女子のためのモデルプラン~秘境リゾートクラビ+~

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す

3